しろがねの雪ふる山にも人かよふ細ほそとして路見ゆるかな 斎藤茂吉【赤光】 - 短歌のこと

未分類 茂吉一首鑑賞 赤光

しろがねの雪ふる山にも人かよふ細ほそとして路見ゆるかな 斎藤茂吉【赤光】

更新日:

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。
このページは現代語訳付きの方です。

歌の意味と現代語訳


しろがねの雪のふる山にも人かよふ細ほそとして路見ゆるかな

現代語訳


銀色一色の雪の降る山の中にも人が通る細い細い道が見えるのだ

出典

「赤光」大正元年 2木の実

歌の語句

しろがね・・・銀色
かよふ・・・通う
かな・・・詠嘆の終助詞

表現技法

句切れはない

解釈と鑑賞

睦岡山中のなかの一首。

東北の冬の山を見て作ったものだが、雪が降ってもまだ通う路が見えるという感慨と、雪降る冬の山にも生業のためには人等が通うという感慨とが相交錯していたのであろう。初句に「しろがねの」と老いたのは意味よりもむしろその音調から選ばれている。(「作歌四十年」斎藤茂吉)

「しろがねの雪ふる山」が簡潔でさわやかでいい。「しろがねの」は「雪」の白さを形容したのだが、意味合いよりも音調によって「雪」につづけており、さらに雪の積もっている山を「雪ふる山」とというのが簡潔で自在である。(「茂吉秀歌」佐藤佐太郎)

赤茄子の腐れてゐたるところより幾程もなき歩みなりけり

現代語訳

赤茄子が腐って捨てられていたところを見てから、どれほど歩いたろうとふと思うと、いくらも歩いていないことよ

スポンサーリンク

出典

「赤光」大正元年 2木の実 

歌の語句

赤茄子・・・トマトのこと
幾程もなき・・・いくらもない、わずかな

表現技法

句切れなし

解釈と鑑賞

茂吉の難解であるゆえにまた興味をそそられる歌でもあり、さまざまな解釈を呼んでいるものの一つ。塚本邦雄は「有名なことにかけては『赤光』中屈指の歌」と書いている。

表しているものは、ごくピンポイントな切り取りで、あるものは、腐った赤茄子、ただそれだけであって、あとは、赤茄子をめぐる作者の時間と空間の推移の意識である。
とてもおもしろい歌。

けだるいような夏の日に、ふと幻想のように過ぎる赤いトマトの残像。果てない歩みにも思える憂愁の中で、その目を引く情景だけが作者をふと現実に還らせ、それによって自らの歩みを振り返ることができる唯一のよすがとして歌の中にあるものがこのトマトである。

しかし、それはみずみずしい美しいトマトではない。形をとどめないまでに腐って崩れたトマト。作者の心をとどめ得るものもまた、そのようなものでしかなかった。作者の心もそのトマトのように倦み疲れていた。

佐太郎他の読みを書いておく。

「幾程もなき歩みなりけり」といっても、表そうとしているものは、何の目的でどこへ行ったという事件的なものではなく、単にしばらく歩いたということであり、そういうのは、「赤茄子の腐れてゐたるところ」を追想の中にふたたび追体験していることになるのである。
この一小景は、作者の行動と不可分のものとして把握されて、個性を持つことになった。晩夏、きびしい光の中に成熟の果ての疲労と哀愁とを湛えている。
その晩夏の象徴として、腐ったトマトのある一小景が浮かんで来る。一首の内容はこの近代的な哀愁の色調にある。
短歌は抒情詩としてすべて心の状態を表すものであるから、ここに何があるというように概念的事柄を詮索することなく、感情そのものを受け取って味わうべきものであるが、この一首でもまたそうである。
―――佐藤佐太郎著『茂吉三十首鑑賞』より抜粋

長塚節は

呆然と何か考えて歩むことすら意識しないような場合があったとして、そうしてしばらく時が経ったと思って、ふと気がついてみると、先刻は赤茄子の腐れていたところにいて、やがてそこを立って来たのであったが、まだいくらも歩いていないのだったと驚いた様子が表れている。…短歌においてたしかに一生面を開いているものである。(長塚節「『赤光』書入れ」)

塚本邦雄は

私は特殊な発想と文体に甚だしく引かれる。残酷な断定と切捨に反発を感じつつ、舌鼓を打つ。 

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

-未分類, 茂吉一首鑑賞, 赤光

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.