未分類 歌人と作品

鹿児島寿蔵〜「日本の詩歌」より

更新日:

鹿児島寿蔵はアララギの歌人。後に紙塑人形の人間国宝に選ばれた。

スポンサーリンク




山の上の雲おもおもと移るときしばし冬空のそこひを見せぬ

ひと踏みて道となりゆく此の芝生つゆあたたかに光りつつあり

もろもろの石をひたして濁りいる水に小鳥のさへづるひびき

春いまださだまりがたくたゆたふか身にひびくごと桜少し咲く

山谷はしづむ霧ともたむろせる雲とも見えてあかときの月

秋はやき狭間に水を求(と)めて来し吾がため榻(たふ)のごとき石あり

ほろびたるものを惜しまず移りきてしづけきあした麦に降る雨

高原にひとり住みいる子の家にはるけき山を越えかゆくべき

中央公論社「日本の詩歌」29巻より。

美術工芸家らしい細やかで客観的な自然観照が含まれる。

谷みづのかをるみなもとに帰りきて顧み思ふかたみのいのち

健やかに老いたる母に今あへど其の眼盲(めし)ひてわれをうつさず

朝谷のかぜにまぎるる河鹿のこゑめしひの母とふたり聴きにき

白濁のまなこをあげて見送ると吾がかたに向きし母のおもかげ

「失明せる母」群作についての斎藤正二の解説から引用。斎藤はアララギの歌人。下線は筆者。

どれ一首を取ってみても、事実の再現(写実)がそのまま”愛”についての思索を提示していないものはない。単に悲痛な事実を報告したから読者を感動させるのではない。律動や音韻を通して”愛”の思想を模索していればこそ人を共感させるのだ。

短歌という形式の美点を満たすということが、叙述の成就と一致を見る時、それが即ち「表現」というものの成立だろう。そして詩歌においては、それを離れて取り出せる「事実」などというものはあり得ない。歌に描かれた事物がすべてである。

ふるさとは無しとも思ひ或時は血すぢひくものに心うれひき

東の塔かこひめぐらすとひとところ松よりおこる寒き音あり

雨あとの夕ばえ透る町裏を肩をいだきて母歩ましむ

母の膝に寿司の飯粒こぼるるを拾ふのも吾がのちのよすがぞ

両眼の盲ひし母の膝におく其の手のかたちいふべくもなし

物の慾すでに枯れたるすがたにて雪の晴間の日向に母あり

ふるさとの家の燈あかるしくぐまれる盲ひの母に箸とりてやる

 

--指先の麻痺した癩盲者に”点字舌読”用の歌集を作って寄贈したりもした。言うはやすく行うにかたいこれらの善行は、実は寿像の”歌ごころ”の発露にほかならない。

日常の行為を歌に詠むことは多いが、それが心の深く常に通底しているともいうべきか。作品にしたものは猶更おのれの内に深くとどまる。私自身のありかたについても、この箇所は何らかの示唆になるかもしれない。

��

風もない暖かい良い正月。







おすすめ記事



-未分類, 歌人と作品

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.