未分類 現代短歌 短歌

句切れの解説と短歌の用例 寺山修司の短歌から

更新日:

「句切れ」の検索語で来られるが多いので、用語の説明をしておきます。
おそらく、試験で出ることが多いのでしょうね。

スポンサーリンク




句切れ
検索で来られた方のは


のど赤きつばくらめふたつはりにゐて 垂乳根の母は死にたまふなり

この歌は「句切れなし」です。

もうひとつ。


あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我が命なりけり

この歌は「とほりたり」のあと「3句切れ」です。

句切れは句点を打つところ

基本的に、句切れとは、一つの文の終わりに「句点。を打つところ」です。
もう少し正確にいうと、意味上の切れ目、または文の切れ目ということになろうかと思います。

句切れは、動詞の終止形、あるいは動詞の後の助動詞の終止形、または名詞にあります。
句切れのある個所によって、最初の5文字の後ろなら一句切れ、57の後なら2句切れ、575の後が3句切れ、5757の後が4句切れ、最後の7は結句といい、結句に句切れがある場合は、「句切れなし」と呼びます。

句切れなしの例


用例は、手元にあった寺山修司の短歌から。


一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき

句切れなし。「まきし」は動詞ですが、「まきしのみに」と続くので、終止形ではなくて
連体形。「よびき」は終止形で最後の5句目の後ろの句切れなので「句切れなし」
です。

2句切れの例



鵙の巣を日が洩れておりわれすでに怖れてありし家欲りはじむ

主語は「日」述語は「洩れており」「おり」は終止形。
3句目以下は、「われ」が主語、「欲りはじむ」が述語で二つの文にそれぞれ終止形がある重文で、「洩れており」の二句切れ。

3句切れの例

向日葵は枯れつつ花を捧げおり父の墓標はわれより低し

「向日葵は捧げおり」で一つの文、「墓標は低し」で一つの文の重文で、「捧げおり」の「おり」は終止形なので、ここに句点が入る箇所です。よって、この歌の場合、三句切れとなります。

4句切れの例


朝の渚よりひろいきし流木をけずりておりぬ愛に乾けば

「けずりておりぬ」の「おりぬ」で、終止形。4句切れ。

見分けがつきにくいばあい

見分けがつきにくい場合は、多く名詞の後にあります。
主格助詞が省略されている場合は句切れではないので注意してください。

わが影を出てゆくパンの蠅一匹すぐに冬樹の影にかこまる

蠅叩き舐めいる冬の蠅一匹なぐさめられて酔いてかえれば

どちらも「蠅一匹」のあとに、ちょっと間をおいて読むことになりますが、
上の歌は「蠅一匹が囲まれた」と続く「蠅一匹」は主語となる語なので、そのあとに「は」または「が」(文語の場合は「の」)が省略されていることになります。
なので、ここは句切れではありませんで、この歌の場合は「句切れなし」になります。

二首目は「蠅一匹」は「蠅叩き(を)舐めいる」が述語ですが、これは蠅を修飾する形容詞節で、「いる」は連体形。酔って帰った作者とどういう関りがあるのかというと、蠅一匹「がいた」または「を見た」が省略されています。蠅一匹が「なぐさめられて」では、つながりませんね。
なので、意味の切れ目があるここは、「句切れ」となります。

寺山修司の短歌の韻律の特徴として、三句切れが多いということを、馬場あき子が指摘しています。
三句切れは、安定した印象を与え、二句切れと四句切れは、やや鋭い印象になることが多いです。

なお、文末に名詞が来る場合は、そこが句切れで、その場合も 句切れなしですが、名詞で終わる場合を特に体言止めと呼びます。

体言止めの例

すでに亡き父への葉書一枚もち冬田を越えて来し郵便夫


「郵便夫」の名詞で終わっています。

他に思いつく注意点

複文の場合は、主語と動詞が形容詞節、副詞節など「節」をなして、他の語を修飾している場合は動詞は終止形にならず、その場合は句切れとはなりません。

動詞の句切れの場合は、動詞の活用の終止形、それから助動詞の終止形かどうかを注意します。

または接続助詞などが動詞についている場合も、句切れとはなりませんので注意してみてみてくださいね。


今日見つけた面白い歌

人生のところどころに旬がある何時だって旨い博多めんたい

「申し申し」青木昭子さんの歌。旬のあるものとないものの対比。

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村







おすすめ記事



-未分類, 現代短歌, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.