あらたま 茂吉一首鑑賞

草づたふ朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ 斎藤茂吉「あらたま」

更新日:

 

 

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。
このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。
他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した「あらたま」の歌の詳しい解説と鑑賞がありますので、併せてご覧ください。
「あらたま」全作品の筆写は斎藤茂吉「あらたま」短歌全作品にあります。

スポンサーリンク




草づたふ朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ


歌の意味と現代語訳

草の葉に動いている朝の蛍よ その蛍と同じように短い私の命をゆめゆめ死なせることのないように

出典
「あらたま」大正3年 7 朝の蛍

歌の語句
づたふ・・・つたう 葉に沿って動くの意味

みじかかる・・・形容詞「短し」の活用 カリ活用と呼ばれる
死なしむ・・・「~させる」の使役 「死なせる」
ゆめ・・・「ゆめゆめ」と同じ。「けっして」の意味の文語。
「ゆめ」のみで、「ゆめ忘るな」「ゆめ驚くことなかれ」など、多く否定の文中に用いる


表現技法

2句切れ
「ゆめ死なしむな」の「ゆめ」を倒置で結句に置き、念を押す印象を残す

鑑賞と解釈

以下に解釈と鑑賞を記します

自らの命のはかなさ

蛍の命は5日とも7日とも言われるため、「はかないもの」のたとえに使われることが多く、その蛍と自分を同じように見て、命の短さをはかなみつつ、「死なしむな」と呼び掛ける。

この時作者は32歳であるが、「存在の不安感が人一倍深かった」と言われるように、なぜか自らを短命であると思い込んでいたようだ。 その自らの命に対する祈りのようなものが、敬虔に謙虚に表されている。

 

一連の背景にある結婚

作者はこの年の4月に結婚したとされるが、一連中に「靴下のやぶれ」を詠ったものもあり、新妻との交流が十分でなかったこともうかがえる。 一連の他の歌も哀しいトーンのものが多く、長年期待してやっと果たした成婚が、作者の思ったような変化をもたらさなかったのかもしれないとも思う。

 

呼びかけの相手

「死なしむな」と呼び掛けている相手は、下の自解によると「蛍」そのものとなるが、塚本は蛍以外の「造物主」を否定しつつも示唆している。

なお、作者は「朝の蛍」の題名で後に自選歌集を出しており、この歌を気に入っていたようだ。

以下に作者と佐藤佐太郎の解。

 

朝草の上に、首の赤い蛍が歩いている。夜光る蛍とは別様にやはりあわれなものである。ああ朝の蛍よ、汝とても短い運命の持ち主であろうが、私もまた所詮短命者の列から免れがたいものである。されば、汝と相見るこの私の命をさしあたって死なしめてはならぬ(活かしてほしい)というぐらいの歌である。「作歌四十年」斎藤茂吉)

「われのいのちを死なしむなゆめ」は作者のいう通り、蛍に呼びかけた言葉であるが、蛍をも作者をもこめて、第三の絶対者に向かった言葉としてひびいいている。直感的に単純であるべき抒情詩だからこういう飛躍と省略がまたあるので、意味合いの合理性のみをもとめるとしたら、こういう歌は作れないし、また味わうこともできないだろう。ここに流れている、無限の哀韻だけを受け取るへきである。
                          「茂吉秀歌」佐藤佐太郎

 

一連の歌

7 朝の蛍
足乳根の母に連れられ川越えし田越えしこともありにけむもの
草づたふ朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ
朝どりの朝立つわれの靴下のやぶれもさびし夏さりにけり
こころ妻まだうらわかく戸をあけて月は紅しといひにけるかも
わくらはに生(あ)れこしわれと思へども妻なればとてあひ寝るらむか
ぎぼうしゅの葉のひろごりに日(け)ならべし梅雨(さみだれ)晴れて暑しこのごろ
代々木野をむらがり走る汗馬(あせうま)をかなしと思ふ夏さりにけり
みじかかるこの世を経むとうらがなし女(おみな)の連れのありといふかも

 

*この歌の次の歌

ゆふされば大根の葉にふる時雨(しぐれ)いたく寂しく降りにけるかも

 

歌の意味と現代語訳
夕方になって大根の葉に降る時雨の、たいそう寂しく降ることだよ

出典
「あらたま」大正3年 13 時雨

歌の語句
ゆふされば・・・夕されば 「されば」は、「なったので」「なると」の意味
時雨・・・秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨をいう
けるかも・・・けり+かも 共に詠嘆の助動詞。「~であることよ」

表現技法
三句の「ふる時雨」のあとには「は」、または「の」の助詞が省略されている。
句切れなし

鑑賞と解釈

大正5年秩父山中詠の中の一首。秩父は養母ひさの実家のあるところで、輝子との結婚の報告に行ったものとされる。 「山深く」「苦行者も」「馬もおそるる」などの句から、相当山深いところの部落であったことがうかがえる。 この「苦行者」の句は、「おぼつかな鳥だに鳴かぬ置く山に人こそ音すなれ、あな尊(たふと)、修行者の通るなりけり」(梁塵秘抄)から来ているとされる。

みゆき公園の歌碑

山形県上山市のJR茂吉記念館前駅前にある「みゆき公園」の歌碑にこの歌がある。

作者は色紙にもこの歌をよく記したように伝わっているので、自分でも気に入っていたのだろう。

 

4、5句の調べ

自解には「日本的風光を素朴に印象的に言って、「いたく寂しく降りにけるかも」と一直線に言い下すという手法」(「作歌四十年」斎藤茂吉)と述べている。

他に「いたく」「さびしく」のクの音に強調される短い語の連続の後に、「降る」という動詞一語に助動詞を加えて7音全部を使うことで得られる調べの長さと、野太い万葉調、その効果を味わいたい。

前掲の歌との対比

なおこの歌の前には「片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも」という、ほぼ同じ情景を言葉を変えて詠った歌がある。この歌は茂吉の言う「一直線に」ではなく、三句切れとなっているので、音読の上比較されたい。

 

単純化

「片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも」と内容を比較すると、モチーフは類似のものであるが、「片山かげ」の場所が、「ゆふされば」の時に換えられている。
そして、「あり」の提示は省かれ、「青々として」という視覚のポイントはなくなり、「大根」の具体、さらに「いたく寂しく」と強調、初句「ゆうされば」の時刻の提示と相まって、その情緒を強めている。

連作中で様々な描写を示した中に成り立つ単純化の一つとも考えられる。

 

塚本と佐太郎評

他にも類似のモチーフの見られる歌「山こえて片山かげの青畑ゆふべしぐれの音のさびしさ」「ひさかたのしぐれふりくる空さびし土に下り立ちて鴉は啼(な)くも」があり、この歌はその中でも、単純化の極みといってよい。

塚本邦雄は、この歌は好まなかったようで、「けちのつけにくい佳作であろうが、未知数と可能性を秘めた秀作とは言えまい。三十三歳の歌人の、この大過なきを期したような小心翼々の作、私は採らない。」と言っているのも少し面白い。
もし、「あらたま」ではなくて、もっと後年の作であったとしたら、評価は変わったろうか。

 

実質は「大根の葉」と「時雨」とだけで、それを単純に直線的にいいくだしている。大根はどういうところにあるかということもいわず、「ゆふされば」からすぐ、「大根の葉に」と続け、さらに「ふる時雨」ととつづけたのが、鮮やかで強い表現である。
それから「寂し」というのに「いたく寂しく」と感傷をためらわずに表したのがやはり強い表現である。  「茂吉秀歌」佐藤佐太郎

 

 

 







おすすめ記事



-あらたま, 茂吉一首鑑賞

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.