未分類 現代短歌 短歌

桜の短歌 現代短歌と和歌 俵万智から西行法師まで詠み継がれた作品から選ぶ

更新日:

 

こんにちは。まるです。

今朝は天声人語欄で西行の桜の短歌を読みました。
今年は桜の開花が早いそうですね。

桜の短歌や和歌は、古くから良い歌がたくさんあり、それだけ愛され続けてきた植物だともいえますね。
今日は、古い歌よりも、まず、現代短歌から思い出す桜の短歌をご紹介します。

スポンサーリンク




桜の短歌

まずは、現代短歌から。

 

さくらさくらさくら咲き初そめ咲き終わりなにもなかったような公園

 

作者:俵万智

桜は、美しい花なのに、無常観や、生のはかなさを表すことが多いようです。

とはいえ、年齢が若い人がいきなりその境地に至るはずもありませんが、この短歌は桜が咲く前と後の桜にまつわる時のうつろいに焦点を当て、やはりある種の無常観や虚無にも近いものを詠っているのでしょう。
「さくらさくら」そして「さくら」とまたつながることで、桜が満開に咲いている様子が浮かびます。

しかもこの桜は、平仮名表記なので、花びらがたくさん重なっている様子を視覚的にも伝えています。三句目の句切れと体言止め。そして結句が体言止めとなっています。

 

さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり


作者:馬場あき子

「老い」という言葉がある通り、老いの歌ではあるのですが、今のことではなく、まだこれから年の巡りと共に「老いていくのだろう」と作者は詠っています。

下句は、桜の花を見ていると、そのような時の意識が身に静かに響くように思われてくるということで、やはり、時の流れの象徴として、桜が詠われています。

身に響く水流の音も同じく時の流れを思わせる要素ですが、老いの予感はあれど、みずみずしい作者の心をも思わせます。

 

ほれぼれと桜吹雪の中をゆくさみしき修羅の一人となりて

 

作者:岡野弘彦

美しく見とれるような桜吹雪。しかし、作者はそれを眺めているのではなくて、その中にいるのだというのが三句。
そして、修羅という言葉を見れば、作者自身がその桜吹雪の激しさに同化する情念を抱えており、それを自ら寂しんでいるということがわかります。

この作者はとても好きな歌人です。
美しい調べの整った歌で、柔らかくも強い情念を詠うのが特徴です。

 

桜の花ちりぢりにしもわかれ行く遠きひとりと君もなりなむ

 

作者:釈迢空

釈迢空こと折口信夫は、上の岡野弘彦が師事した国文学者であり歌人です。

養子折口春洋を戦争で亡くした悲しみを詠ったものですが、春のこの時は、誰しもが別れに重ねられるところでもあります。

 

夕光(ゆふかげ)のなかにまぶしく花みちてしだれ桜は輝(かがやき)を垂る



作者:佐藤佐太郎 

しだれ桜は、ごく普通の桜とは姿が違います。
これはさらに、夕べの光が背景にあります。作者は、まもなく暮れていくだろう一日の最後の光の中にある桜を愛惜して詠っています。

同じ作者に「桃の木はいのりの如く葉を垂れて輝く庭にみゆる折ふし」という有名な歌もあります。いずれも花の美しさが敬虔なものにまで高められています。

 

「はなびら」と点字をなぞる ああ、これは桜の可能性が大きい

葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある

 

作者:笹井宏之

指先でそっとたどる点字が、「はなびら」という文字だとわかったとき、作者に桜の想念が浮かびます。桜を目で見ているのではないのです。指の感覚が作者にそれを伝えるのです。なのでとても感覚的な作品です。

二首目、作者は花の間を歩いていくお母さんを見ている。葉桜に残った花を喜ぶところに、少女であるお母さんを見ているわけです。

好きな歌人なので、若くして早世されたことが惜しまれます。

 

ちる花はかずかぎりなしことごとく光をひきて谷にゆくかも

 

作者:上田三四二

谷の上にある桜、おそらく山桜でしょう。その花びらの一つ一つが光って、光を谷に連れて行くかのように風に乗って谷を降りてゆく。

作者が病を抱えていた身でもあり、そう思って読むとなお、悲しくも美しい作品です。


桜を詠んだ和歌


古い時代の和歌からも、思い出すものを引いておきます。

 

深山木(みやまぎ)のその梢とも見えざりし桜は花にあらはれにけり


作者:源頼政

現代語訳と意味:
深山の木々の中にあって、桜とも見分けることの出来なかった木の梢に咲いた花によってはじめて桜であることがわかるのだよ

桜は咲いてこそ桜であるということなのでしょう。

 

ささなみや志賀の都は荒れにしを昔ながらの山桜かな

 

作者:平忠度

現代語訳と意味:
さざ波寄せる琵琶湖畔の志賀の都の跡はすっかり荒れ果ててしまったけれども、長等(ながら)山の桜は、昔のままに美しく咲いているよ

 

行きくれて木の下かげを宿とせば花や今夜(こよひ)の主ならまし

 

作者:平忠度

現代語訳と意味:
旅の途を歩いていて、日が暮れてしまったので、木の下に一晩眠ろうとしたら、桜の花が今夜の宿主であろうよ

野宿の際に見上げて見える桜の梢を見て詠う風流が偲ばれます。

 

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

 

作者:在原業平(ありわらなりひら)

現代語訳と意味:
もしこの世の中に全く桜というものがなかったなら、春における人の心はのどかであるだろうに

花見を待ちそれに合わせて慌ただしくも浮かれる世の人を斜めに見て詠んだ歌。
現代の世においても、開花宣言や見頃が連日報道されていますね。


西行の桜の歌


願わくば花の下にて春死なんその如月の望月のころ

 

作者:西行法師

現代語訳と意味:
願わくば釈迦の入滅の日の旧暦2月15日頃、春の満開の桜の下で死にたいものだ

西行法師の桜を詠んだ和歌の中でも、よく知られていてもっとも有名な歌です。
やはり命の終わりと桜が隣り合わせとなっています。

西行は、僧侶なので、釈迦に自分も倣いたいというのはもちろんですが、僧でありながらも、桜という美しいものと、その情感をも臆することなく歌に取り入れています。

 

西行の桜の歌

吉野山こぞのしをりの道かへてまだ見ぬ方の花を尋ねん

何(なに)となく春になりぬと聞く日より心にかかるみ吉野の山

吉野山梢の花を見し日より心は身にも添わずなりにき

あくがるるこころはさても山桜散りなむあとや身にかへるべき

もろともにわれをも具して散りね花うき世をいとふ心ある身ぞ

尋ぬとも風の伝にも聞かじかし花と散りにし君が行方を

春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐなりけり

眺むとて花にもいたく馴れぬれば散る別れこそかなしかりけれ

青葉さへ見れば心のとまるかな散りにし花の名残と思えば

おのづから花なき年の春もあらば何につけてか日を暮すべき

 

おすすめは白洲雅子さんのエッセイ。初めての方は楽しく読めます。

 

 

お好きな方は塚本邦雄の解説入りで。







おすすめ記事



-未分類, 現代短歌, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.