ゆふされば大根の葉にふる時雨いたく寂しく降りにけるかも「あらたま」現代語訳 斎藤茂吉 - 短歌のこと

あらたま 茂吉一首鑑賞

ゆふされば大根の葉にふる時雨いたく寂しく降りにけるかも「あらたま」現代語訳 斎藤茂吉

更新日:

 

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。
このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。
他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した「あらたま」の歌の詳しい解説と鑑賞がありますので、併せてご覧ください。
「あらたま」全作品の筆写は斎藤茂吉「あらたま」短歌全作品にあります。

スポンサーリンク

ゆふされば大根の葉にふる時雨(しぐれ)いたく寂しく降りにけるかも

ゆふされば大根の葉にふる時雨(しぐれ)いたく寂しく降りにけるかも


歌の意味と現代語訳


夕方になって大根の葉に降る時雨の、たいそう寂しく降ることだよ



出典
「あらたま」大正3年 13 時雨

歌の語句
ゆふされば・・・夕されば 「されば」は、「なったので」「なると」の意味
時雨・・・秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨をいう
けるかも・・・けり+かも 共に詠嘆の助動詞。「~であることよ」


表現技法

三句の「ふる時雨」のあとには「は」、または「の」の助詞が省略されている。
句切れなし

鑑賞と解釈

大正5年秩父山中詠の中の一首。秩父は養母ひさの実家のあるところで、輝子との結婚の報告に行ったものとされる。

「山深く」「苦行者も」「馬もおそるる」などの句から、相当山深いところの部落であったことがうかがえる。

この「苦行者」の句は、「おぼつかな鳥だに鳴かぬ置く山に人こそ音すなれ、あな尊(たふと)、修行者の通るなりけり」(梁塵秘抄)から来ているとされる。

 

みゆき公園の歌碑

山形県上山市のJR茂吉記念館前駅前にある「みゆき公園」の歌碑にこの歌がある。

作者は色紙にもこの歌をよく記したように伝わっているので、自分でも気に入っていたのだろう。

 

4、5句の調べ

自解には「日本的風光を素朴に印象的に言って、「いたく寂しく降りにけるかも」と一直線に言い下すという手法」(「作歌四十年」斎藤茂吉)と述べている。 他に「いたく」「さびしく」のクの音に強調される短い語の連続の後に、「降る」という動詞一語に助動詞を加えて7音全部を使うことで得られる調べの長さと、野太い万葉調、その効果を味わいたい。

 

前掲の歌との対比

なおこの歌の前には「片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも」という、ほぼ同じ情景を言葉を変えて詠った歌がある。この歌は茂吉の言う「一直線に」ではなく、三句切れとなっているので、音読の上比較されたい。

 

単純化

「片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも」と内容を比較すると、モチーフは類似のものであるが、「片山かげ」の場所が、「ゆふされば」の時に換えられている。
そして、「あり」の提示は省かれ、「青々として」という視覚のポイントはなくなり、「大根」の具体、さらに「いたく寂しく」と強調、初句「ゆうされば」の時刻の提示と相まって、その情緒を強めている。

連作中で様々な描写を示した中に成り立つ単純化の一つとも考えられる。

 

塚本と佐太郎評

他にも類似のモチーフの見られる歌「山こえて片山かげの青畑ゆふべしぐれの音のさびしさ」「ひさかたのしぐれふりくる空さびし土に下り立ちて鴉は啼(な)くも」があり、この歌はその中でも、単純化の極みといってよい。

塚本邦雄は、この歌は好まなかったようで、「けちのつけにくい佳作であろうが、未知数と可能性を秘めた秀作とは言えまい。三十三歳の歌人の、この大過なきを期したような小心翼々の作、私は採らない。」と言っているのも少し面白い。
もし、「あらたま」ではなくて、もっと後年の作であったとしたら、評価は変わったろうか。

 

実質は「大根の葉」と「時雨」とだけで、それを単純に直線的にいいくだしている。大根はどういうところにあるかということもいわず、「ゆふされば」からすぐ、「大根の葉に」と続け、さらに「ふる時雨」ととつづけたのが、鮮やかで強い表現である。
それから「寂し」というのに「いたく寂しく」と感傷をためらわずに表したのがやはり強い表現である。
「茂吉秀歌」佐藤佐太郎

 

一連の歌

13 時雨
片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも
山峡(やまかひ)に朝なゆふなに人居りてものを言ふこそあはれなりけれ
山こえて片山かげの青畑ゆふげしぐれの音のさびしさ
ゆふされば大根の葉にふる時雨いたく寂しく降りにけるかも
山ふかく遊行をしたり仮初のものとなおもひ山は邃(ふか)しも
ひさかたのしぐれふりくる空さびし土に下りたちて鴉は啼くも
しぐれふる峡にいりつつうつしみのともしび見えず馬のおとすも
現身はみなねむりたりみ空より小夜時雨ふるこの寒しぐれ

*この歌の次の歌

かうかうと西吹きあげて海雀あなたふと空に澄みゐて飛ばず

 

歌の意味と現代語訳
こうこうと西風が吹きあげる中、海雀が空の遠くにふと飛んでいないかのように止まって見える

出典
「あらたま」大正3年 11 三崎行

歌の語句
かうかう・・・「こうこう」 「こうこう」と読む。
西・・・西風

海雀・・・チドリ目・ウミスズメ科に分類される海鳥の1種
あなた・・・向こう、あちら。
例:「山のあなたの空遠く幸い住むと人のいう(上田敏訳『海潮音』所収 カール・ブッセ作「山のあなた」
澄みいて・・・澄む+いる 澄んでいて

表現技法

「海雀」のあとに「の」または「は」の助詞の省略がある。句切れなし
「かうかう=こうこう」は「きらきらと輝くさま。明るく照るさま」で、通常は光に対して用いられる副詞。
位置的には「吹き上げて」にかかるのだが、意味上は「澄みいて」とも関連がある。
また、西風の強く吹く様子の擬音とも取れる。「しんしん」等の畳語同様茂吉独特の用法といえる。

「ふと」というのは海雀がではなくて、作者の気付きの様子であり、「澄みゐて」は、どちらかというと「空」の様子であるが、海雀が主語になっている。よって、よく見ると、語順や形容するものが全体的に曖昧である。

さらに、結句の「飛ばず」は、飛んでいるのであるが、飛んでいないように見えることを「飛ばない」といっている。それが主観であることを伝えるために、全体が上のように統一されているとも言える。

鑑賞と解釈

古泉千樫と妻と三人で三崎に行った折の歌。
「西吹きあげて」は、記紀歌謡「倭(やまと)へに西吹き上げて雲離れ」から来ている。

一連には梁塵秘抄の影響が少なくないが、これは茂吉独自のモチーフだろう。文としては語と語とが不思議なつながりと配置で、普通ではとらえにくい情景が言い表されている。

飛んでいる鳥が「飛んでいないかのように見える」ことが「飛ばず」なのであるが、上4句までで、海雀が空にいることは表され、最後のわずか3文字に「飛ばず」が付け足しのように置かれる。その控えめな「飛ばず」が、作者の主観「飛んでいないように見える」の控えめな提示となる。4句が字余りの8文字であることも効果があるだろう。
「澄みいて」は空の形容でもいいのだが、その空の一部であるかのようにとどまって動きのない鳥の一瞬の様子をとらえたものとなっている。

佐藤佐太郎は取り上げていても、なぜか塚本邦雄の「茂吉秀歌」には入っていない。
また逆に、塚本の取り上げている「入日には」は、佐太郎は挙げていない。茂吉本人の「作歌四十年」にも記載はない地味な歌ではあるのだが、

一連は梁塵秘抄の影響が大きい。
なお北原白秋に「帰命頂礼(きみょうちょうらい)このとき遙か海雀光めぐると誰か知らめや」というのがある。

佐藤佐太郎の解説

「かうかうと」は「しんしんと」などと同じく、この作者が「発見」して頻用した副詞だが、ここでは最も適切にもちいられている。「西吹きあげて」は、海から陸に向かって吹く西風で、「て」で小休止し、省略がある。「あなたふと」は芭蕉の影響もあるかもしれないが、動かすべからざる主観語として使用されている。しかも「海雀・空に澄みゐて飛ばず」の間に入って、一種迫った、甘滑でない語気を形成している。海雀の武重がいちように空に停滞するように見えるところを「空に澄みゐて飛ばず」といったのはおどろくべき的確さである。
                          「茂吉秀歌」佐藤佐太郎

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

-あらたま, 茂吉一首鑑賞

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.