「 月別アーカイブ:2018年04月 」 一覧

まかがよふ昼のなぎさに燃ゆる火の澄み透るまのいろの寂しさ 「あらたま」代表作短歌 斎藤茂吉

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」 ...

金子兜太さん辞世の句 逝去2週間前に詠んだ9句「海程」に発表

2018/04/02   -未分類, 本・歌集, 詩歌

こんにちは。まるです。 今年2月20日に98歳で亡くなられた俳人金子兜太さんの亡くなる2~3週間前に詠んだ俳句9句、今朝の紙面に掲載されたもののご紹介です。

朝日歌壇より4月2日2018年 歌の中にも春

2018/04/01   -朝日歌壇, 未分類

朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 今日は投稿歌の中にも、春が十分見えています。

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.