「アララギの歌人たち」 一覧

アララギの歌人 正岡子規 伊藤左千夫 長塚節 斎藤茂吉 島木赤彦 古泉千樫 中村憲吉

  アララギの前身である根岸短歌会と『馬酔木』に所属した歌人たち、そのあとの歌誌『アララギ』に参加したアララギを代表する歌人の経歴に代表作品を添えてまとめました。

真砂なす数なき星の其中に吾に向ひて光る星あり~正岡子規

  このページでは正岡子規の有名な短歌「真砂(まさご)なす数なき星の其中(そのなか)に吾に向ひて光る星あり」を解説します。   真砂(まさご)なす数なき星の其中(そのなか)に吾に向 ...

古泉千樫短歌代表作歌集『屋上の土』全作品 妻と原阿佐緒との相聞歌を含む初期―大正6年

  古泉千樫の歌集は大変手に入れにくくなっているため、以下に『屋上の土』全作品を筆写したものを掲載します。 便覧や索引等にお使いください。なお、この掲載はテキストのみです。 千樫の代表作の解 ...

古泉千樫の短歌代表作歌集『屋上の土』相聞歌 道ならぬ恋とアララギ離別の原因原阿佐緒との恋愛

これまでの記事で、古泉千樫の歌誌アララギ脱退の経緯と、原阿佐緒の不安定なパーソナリティーについて取り上げた。その上であらためて古泉千樫の相聞歌を取り上げてみたい。 ■関連記事 原阿佐緒 生きながら針に ...

古泉千樫のアララギ絶縁のきっかけとなった原阿佐緒・石原純不倫恋愛事件真相と三者の関係

  古泉千樫の歌人の経歴での大きな事件と出来事は、千樫がアララギと絶縁したということだろう。赤彦、茂吉、憲吉と千樫は初期のメンバーで、特に茂吉とは一時期毎日のように会っていたという緊密な絆を ...

古泉千樫の短歌代表作品50首 歌集『川のほとり・屋上の土・青牛集』抒情と平淡 歌の特徴

古泉千樫の短歌の代表作50首を、歌集『川のほとり』『屋上の土』『青牛集』から選んでまとめたものを掲載します。

強制不妊手術の報道に思い出すハンセン病の歌人伊藤保の短歌 歌集『迎日』より

旧優生保護法下で障害者に不妊手術が行われていたという事実が広く世に知らせるようになりました。 この場合の障害者というのは、多くは知的障害のある方たちです。 その記事を読んで思うのは、ほんとうの弱者とい ...

中村憲吉の短歌代表作品50首 馬鈴薯の花・林泉集・しがらみ・軽雷集・軽雷集以後より 付憲吉の文章

中村憲吉の短歌の代表作50首を、全歌集から選んでまとめたものです。解説の一部は「日本の詩歌」(中央公論社)に拠ります。

島木赤彦の短歌代表作品50首 切火・氷魚・太虚集・柿蔭集から選ぶ

  島木赤彦の4つの歌集から、代表的な作品50首を集めてみました。歌そのものを読みながら、各歌集の特徴と島木赤彦の歩みをたどれれば幸いです。 解説と共に読みたい方は「切火」と「氷魚」までは下 ...

夕焼け空焦げきはまれる下にして氷らんとする湖のしずけさ 島木赤彦の初期短歌代表作品

  作者本人が熟考の上で改作を施したにもかかわらず、改作前の方が良いといわれる例をたびたび見かける。 この赤彦の短歌もその一つである。

島木赤彦の短歌『切火』『氷魚』歌集の特徴と代表作品・「寂寥相」への歩み

  島木赤彦の短歌、初期の歌集から代表作とその周辺を読んでいきます。 島木赤彦はアララギの歌風を確立させ「鍛錬道」などの文学観を述べて普及させた、当時のアララギの経営者でした。 島木赤彦の歌 ...

中原静子の相聞歌 島木赤彦の作品への恋愛の影響 妻不二子のアララギ参加

  これまで島木赤彦の歌集解説などを読んでいると、時折「中原静子との恋愛」という言葉が目を引くことがあった。 折に触れて島木赤彦の短歌を読んできましたが、今回判明した赤彦と静子の相聞歌、そし ...

瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり 正岡子規の短歌代表作10首現代語訳

正岡子規の短歌より有名なもの、代表作を集めて、現代語訳と解説、鑑賞のポイントを記しました。

幾たびも 雪の深さを 尋ねけり 瓶にさす藤の花ぶさ 結核を病みながらも詠み続けた正岡子規

「幾たびも 雪の深さを 尋ねけり」の俳句の作者は誰か、というのが、テレビ朝日|Qさま!! で出題された。 出演者の宇治原史規は「石川啄木」と答えて不正解。次の解答者の村井美樹が「正岡子規」と答え正解。 ...

伊藤左千夫の短歌代表作「九十九里詠」

先日、知人が九十九里の海の写真を送ってくれた。撮影の仕事をしているかたなので、飛行機の相当高いところから見た風景だった。浜辺よりも海の方がはるかに広かった。 私は九十九里浜には行ったことがないのだが、 ...

あら玉の年のはじめの七草を籠(こ)に植えて来し病めるわがため 正岡子規の短歌

正岡子規の新年の短歌。 あら玉の年のはじめの七草を籠(こ)に植えて来し病めるわがため 『竹の里歌』 正岡子規は晩年は結核で病臥し、外出も歩くこともままならなかったため、短歌の弟子の岡麓(おかふもと)が ...

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.