「エッセイ」 一覧

「折々のことば」朝日新聞コラムより「集まれヨーグルト」 詩の言葉の不思議

2018/03/01   -エッセイ, 未分類, 詩歌

朝日新聞一面の朝刊コラム「折々のことば」の今朝はおもしろかった。 とりあげられた今日の言葉は「あつまれ」。

歌人の安森敏隆氏死去 ケータイ短歌介護短歌の提唱者

2018/02/04   -エッセイ, 未分類, 短歌

11日のニュースを見落としたらしく書くのが遅れた。 安森敏隆氏死去 歌人、ケータイ短歌提唱 ケータイ短歌を提唱した人だというのは初めて聞いた。 携帯、ではない。ケータイ短歌。

no image

叫びたし寒満月の裂けるほど 冤罪の死刑囚の俳句

2018/02/04   -エッセイ, 未分類, 詩歌

看護助手をしていた西山美香さんの再審決定のニュースを読んだ。当時西山さんは、滋賀県の病院で看護助手をしていたが、入院患者が亡くなり、西山さんが「呼吸器を外した」と自白。公判では無罪を主張したが最高裁で ...

言分けの理論 読書は必要あなたの世界を変える 穂村弘

2018/02/04   -エッセイ, 未分類, 短歌

少し前の朝日新聞の読書欄に穂村弘が書いた文章を読んでいて思い出したことがあった。 番外編 読書は必要? あなたの「世界」を変えるかも 穂村弘

短歌に映される深層意識 選んだ歌を通して自分自身が見えてくる時

2018/02/04   -エッセイ, 未分類

新聞の歌壇欄はコラム以外はざっと見るだけなのだが、今回はなぜか目に留まったものがある。 何か自作の参考にと思って読んではいるものの、書き写したくなる歌というのは不思議に自分を反映するものが多い。

必要なもの 三浦朱門と息子太郎のエピソード

2018/02/03   -エッセイ, 未分類

知人のブログにリンクが引かれていたので、中村某という作家が金原(下の名は不明なのでこれも金原某としておこう)に、手紙をもらったという箇所を読んできた。  以下その引用。

死者が生者を励ますという発想の歌詞「千の風になって」

2018/02/03   -エッセイ, 未分類

昨日、文部科学省による教科書検定の記事を読んだ。ひとつは太平洋戦争の沖縄戦に関しての記述の問題、もうひとつが高校生の音楽の教科書に演歌が取り上げられたということ、(以前「ヨナ抜き音階」すなわちペンタト ...

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.