「死にたまふ母」 一覧

斎藤茂吉「死にたまふ母」全作品 現代語訳付き解説と鑑賞 短歌集「赤光」

  斎藤茂吉の短歌から母を詠んだ歌、「死にたまふ母」全作品59首に訳と解説を添えたものです。 各歌をクリックすると、それぞれの歌の解説の箇所に飛びます。

斎藤茂吉 死にたまふ母其の1 「ひろき葉は」~「上の山の」短歌集「赤光」代表作

2018/03/19   -死にたまふ母

斎藤茂吉「死にたまふ母」より其の1の歌と、歌の現代語訳、語の解説、鑑賞を一首ずつ記します。 このページは4ページある中の1ページ目です。歌の出典は改選版に拠ります。 目次内の歌をクリックすると、各歌の ...

死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる「死にたまふ母」斎藤茂吉「赤光」

  死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる   歌の意味と現代語訳 死の間近に迫った母に添い寝をしていると、静まりかえった夜更け、遠くの田にしんしんと鳴く蛙の声が空に響 ...

斎藤茂吉 死にたまふ母其の2 「はるばると」~「ひとり来て」短歌集「赤光」代表作

2018/02/18   -未分類, 死にたまふ母

斎藤茂吉「死にたまふ母」より其の2の歌と、歌の現代語訳、語の解説、鑑賞を一首ずつ記します。 このページは4ページある中の2ページ目です。歌の出典は改選版に拠ります。 目次内の歌をクリックすると、各歌の ...

のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて足乳根の母は死にたまふなり 死にたまふ母 斎藤茂吉「赤光」

  のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にゐて足乳根(たらちね)の母は死にたまふなり 歌の意味と現代語訳 のどの赤い二羽の燕が梁にとまっていて、母は死んでいかれてしまった

我が母よ死にたまひゆく我が母よ我を生まし乳足らひし母よ 死にたまふ母 斎藤茂吉「赤光」

  斎藤茂吉「赤光」「死にたまふ母」全59首の中の一首です。 我が母よ死にたまひゆく我が母よ我(わ)を生まし乳足(ちた)らひし母よ 歌の意味と現代語訳 お母さん、今死んでゆかれてしまうお母さ ...

斎藤茂吉 死にたまふ母其の3 「楢若葉」~「どくだみも」短歌集「赤光」代表作

2018/02/16   -未分類, 死にたまふ母

  斎藤茂吉「死にたまふ母」より其の3の歌と、歌の現代語訳、語の解説、鑑賞を一首ずつ記します。 このページは4ページある中の3ページ目です。歌の出典は改選版に拠ります。 目次内の歌をクリック ...

斎藤茂吉 死にたまふ母其の4 「はるばると」~「ひとり来て」短歌集「赤光」代表作

2018/02/15   -未分類, 死にたまふ母

  斎藤茂吉「死にたまふ母」より其の4の歌と、歌の現代語訳、語の解説、鑑賞を一首ずつ記します。 このページは4ページある中の4ページ目です。歌の出典は改選版に拠ります。 目次内の歌をクリック ...

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.