「茂吉一首鑑賞」 一覧

この夜は鳥獣魚介もしづかなれ未練もちてか行きかく行くわれも「あらたま」斎藤茂吉

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、私がまとめたものです。 他に佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した一部の歌の解説と鑑賞がありますので、併 ...

かうかうと西吹きあげて海雀あなたふと空に澄みゐて飛ばず「あらたま」現代語訳付 斎藤茂吉

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太 ...

ゆふされば大根の葉にふる時雨いたく寂しく降りにけるかも「あらたま」現代語訳 斎藤茂吉

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太 ...

草づたふ朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ 斎藤茂吉「あらたま」

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太 ...

死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる「死にたまふ母」斎藤茂吉「赤光」

死に近き母に添寝のしんしんと遠田のかはづ天に聞ゆる 歌の意味と現代語訳 死の間近に迫った母に添い寝をしていると、静まりかえった夜更け、遠くの田にしんしんと鳴く蛙の声が空に響いて聞こえてくる

あかあかと一本の道とほりたりたまきはる我が命なりけり 「あらたま」斎藤茂吉

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 他に佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した一部の歌の解説と鑑賞がありますので、併せてご ...

ふり灑ぐあまつひかりに目の見えぬ黒き蛼を追ひつめにけり 「あらたま」斎藤茂吉

  斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、当ブログのまるがまとめたものです。 他に佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した一部の歌の解 ...

ゆふ日とほく金に光れば群童は眼つむりて斜面をころがりにけり 斎藤茂吉「赤光」

2018/02/28   -茂吉一首鑑賞, 赤光

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。このページは現代語訳付きの方です。 「赤光」の歌一覧は、斎藤茂吉「赤光」短歌一覧 現代語訳付き解説と鑑賞にあります。 「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎 ...

ダアリヤは黒し笑ひて去りゆける狂人は終にかへり見ずけり  斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

ひた走るわが道暗ししんしんと怺へかねたるわが道くらし 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

たたかひは上海に起り居たりけり鳳仙花赤く散りゐたりけり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

めん鶏ら砂あび居たれひつそりと剃刀研人は過ぎ行きにけり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

どんよりと空は曇りて居りしとき二たび空を見ざりけるかも 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 どんよりと空は曇りて居りしとき二たび空を見ざりけるかも 現代語訳 どんよりと空が曇っていたの ...

ほのぼのと目を細くして抱かれし子は去りしより幾夜か経たる 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 ほのぼのと目を細くして抱かれし子は去りしより幾夜か経たる 現代語訳 ほのぼのと目を細めてわが ...

なげかへばものみな暗しひんがしに出づる星さへあかからなくに 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 なげかへばものみな暗しひんがしに出づる星さへあかからなくに 現代語訳 嘆き続けていれば辺りの ...

ひんがしはあけぼのならむほそほそと口笛吹きて行く童子あり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 ひんがしはあけぼのならむほそほそと口笛吹きて行く童子あり 現代語訳 東の方は夜明けなのだろう ...

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.