「未分類」 一覧

毎月22日は「夫婦の日」 内田康夫さんのすてきな夫婦短歌のサイト

2018/05/22   -未分類, 短歌

  今日は22日。5月に限らず、毎月22日は「夫婦の日」なのだそうです。 そこで、今日は推理作家、故内田康夫さんが奥様と夫婦で詠み合った短歌が掲載されているサイトをご紹介します。

朝日歌壇公開講座のお知らせ【大阪】高野公彦・永田和宏先生

2018/05/20   -朝日歌壇, 未分類

朝日歌壇の公開講座が、7月30日に大阪で開かれます。 お近くの方はぜひご参加ください。

武川忠一歌集『氷湖』の短歌の鑑賞 認知症を病む母親の老いと介護を詠む

2018/05/18   -未分類, 現代短歌

これまで出会った数々の歌のうちに、一度読んだら忘れられない歌がある。 武川忠一(むかわちゅういち)の『氷湖』に母を詠んだ一連の作があり、この歌集の高峰と言われている。 そのうちの一首を塚本邦雄が取り上 ...

介護の短歌 藤島秀憲『すずめ』息子が一人で父を看取るまで 

2018/05/17   -未分類, 現代短歌

介護を題材にした短歌で思い出すのは、藤島秀憲の歌集『すずめ』です。 当ブログにコメントをくださった方が今読んでいる歌集ということでご紹介くださったのですが、いずれもすぐれた作品で、おすすめしたい歌の数 ...

朝日歌壇5月13日掲載分より 季節が落ち着いて様々な題材

2018/05/13   -朝日歌壇, 未分類

こんにちは。まるです。 朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。 朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。昨日5月13日の掲載分です。

朝日歌壇 馬場あき子x佐々木幸綱対談「歌から見えるいまの風景」

朝日歌壇の選者である馬場あき子さんと佐佐木幸綱さんの対談が、これまでの朝日歌壇から選んだ短歌、ご自身の短歌と共に、朝日新聞に掲載されました。

斎藤茂吉の短歌30首代表作品一覧 全歌集赤光・あらたま・ともしび・白桃・白き山他から

斎藤茂吉の全歌集 赤光・あらたま・ともしび・白桃・白き山 他から、代表的な作品30首です。 斎藤茂吉の一番の弟子であり、理解者である佐藤佐太郎が選んだものです。ページができているものについては、各歌を ...

朝日歌壇より2018年4月21日分 自らの生活を詠う 改ざん問題時事詠も続く

2018/04/23   -朝日歌壇, 未分類

こんにちは。まるです。 朝日歌壇は日曜日に掲載に変わったのでしょうか。昨日21日の掲載分です。

強制不妊手術の報道に思い出すハンセン病の歌人伊藤保の短歌 歌集『迎日』より

旧優生保護法下で障害者に不妊手術が行われていたという事実が広く世に知らせるようになりました。 この場合の障害者というのは、多くは知的障害のある方たちです。 その記事を読んで思うのは、ほんとうの弱者とい ...

朝日歌壇より2018年4月15日分 改ざん問題の時事詠と若い世代の投稿が目立つ春

2018/04/16   -朝日歌壇, 未分類

こんにちは。まるです。 今週の朝日歌壇は日曜日に掲載されました。昨日は所用で朝早くに出立。 新聞を読む暇がなく、今朝気がついて読み直ししました。

『震災万葉集』熊本地震の被災者が詠む3226の詩歌

2018/04/14   -未分類, 短歌

朝日新聞の天声人語より『震災万葉集』のご紹介です。

橘咲の遺歌集「篝火」桜井琢巳評論集「夕暮れから曙へ」より

たまたま手に取った本に、橘咲という歌人がいたことを知った。 雌蝉(しせん)あをき灼熱地獄 声あらず恋ほしいまま刺刺薊(とげとげあざみ) 死ぬまでの刻をみづからの洞に蓄へて空あれば飛ぶ鳥仰ぐなり うすき ...

浅草寺と浅草の町を詠む斎藤茂吉の短歌 4月8日灌仏会に花祭りに行ってきました

2018/04/12   -斎藤茂吉, 未分類

こんにちは。まるです。 たまたま4月8日はの灌仏会に所用があって浅草に行き、斎藤茂吉が短歌に詠んでいる浅草と浅草寺を見てきました。

ものの行とどまらめやも山峡の杉のたいぼくの寒さのひびき 「あらたま」の短歌代表作品 斎藤茂吉

2018/04/09   -未分類

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出 ...

朝日歌壇より2018年4月8日 月曜の朝刊分

2018/04/08   -朝日歌壇, 未分類

こんにちは。まるです。 明日月曜日の新聞が休みなので、今日は一日早い朝日歌壇。 4月の2週目となると、雪の入った歌はもう見られなくなり、代わりに「春」の言葉が現れます。

中村憲吉の短歌代表作品50首 馬鈴薯の花・林泉集・しがらみ・軽雷集・軽雷集以後より 付憲吉の文章

中村憲吉の短歌の代表作50首を、全歌集から選んでまとめたものです。解説の一部は「日本の詩歌」(中央公論社)に拠ります。

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.