「未分類」 一覧

ひた走るわが道暗ししんしんと怺へかねたるわが道くらし 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

たたかひは上海に起り居たりけり鳳仙花赤く散りゐたりけり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

めん鶏ら砂あび居たれひつそりと剃刀研人は過ぎ行きにけり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

どんよりと空は曇りて居りしとき二たび空を見ざりけるかも 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 どんよりと空は曇りて居りしとき二たび空を見ざりけるかも 現代語訳 どんよりと空が曇っていたの ...

ほのぼのと目を細くして抱かれし子は去りしより幾夜か経たる 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 ほのぼのと目を細くして抱かれし子は去りしより幾夜か経たる 現代語訳 ほのぼのと目を細めてわが ...

なげかへばものみな暗しひんがしに出づる星さへあかからなくに 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 なげかへばものみな暗しひんがしに出づる星さへあかからなくに 現代語訳 嘆き続けていれば辺りの ...

ひんがしはあけぼのならむほそほそと口笛吹きて行く童子あり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 ひんがしはあけぼのならむほそほそと口笛吹きて行く童子あり 現代語訳 東の方は夜明けなのだろう ...

雪の中に日の落つる見ゆほのぼのと懺悔の心かなしかれども  斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

けだものは食もの恋ひて啼き居たり何といふやさしさぞこれは 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 けだものは食(たべ)もの恋ひて啼き居たり何(なに)といふやさしさぞこれは 現代語訳 けものた ...

いちめんに唐辛子あかき畑みちに立てる童のまなこ小さし 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

けふもまた向ひの岡に人あまた群れゐて人を葬りたるかな 「赤光」斎藤茂吉

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。

ほのかなる茗荷の花を目守る時わが思ふ子ははるかなるかも 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 ほのかなる茗荷の花を目守る時わが思ふ子ははるかなるかも 現代語訳 ほのかな茗荷の花を見守って ...

猫の舌のうすらに紅(あか)き手ざはりのこの悲しさを知りそめにけり 斎藤茂吉「赤光」

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 歌の意味と現代語訳 猫の舌のうすらに紅(あか)き手ざはりのこの悲しさを知りそめにけり 現代語訳 猫の薄赤い舌の手 ...

斎藤茂吉の破調の歌のおもしろさ「アララギの背梁」大辻隆弘

「アララギの背梁」大辻隆弘より。 この項をおもしろく読んだ。同本より茂吉の破調の歌について書かれたところ。

「ポンコツになつた母だけど」タクシードライバー歌人 高山邦男インソムニア

今朝のテレビ番組でタクシードライバー歌人の高山邦男さんが紹介されていました。 今朝は家人が出勤でビデオに撮ったため、番組の方はあとで見ようと思います。

朝日歌壇より2018年2月12日

2018/02/13   -朝日歌壇, 未分類

今回は介護の歌、若い人の結婚、広辞苑編纂の話題など。

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.