「短歌」 一覧

節分の短歌~久葉襄

2018/02/05   -未分類, 短歌

遣らふべき鬼まだ棲まぬみどりごのほとりへも撒く四、五粒の豆 他に子どもを歌ったもの。 生まれ来むはじめての子を待つ日々の心はただに遠浅なせり つはつはと牡丹雪降る生れこし吾子の一生の黎明をふる いずれ ...

あら玉の年のはじめの七草を籠(こ)に植えて来し病めるわがため 正岡子規の短歌

正岡子規の新年の短歌。 あら玉の年のはじめの七草を籠(こ)に植えて来し病めるわがため 『竹の里歌』 正岡子規は晩年は結核で病臥し、外出も歩くこともままならなかったため、短歌の弟子の岡麓(おかふもと)が ...

犬の短歌~来たる年は戌年 きみはむかし~小池光 齋藤史

2018/02/04   -未分類, 短歌

暮れも迫って、正月のために少しは身ぎれいにしようと美容院に行った。髪を巻いてもらいながら、待つ間に本に見つけた犬の短歌。 きみはむかしゆかいな兵士 一匹の老犬眠る合歓の木の下 小池光 獣骨をくはえて埋 ...

言分けの理論 読書は必要あなたの世界を変える 穂村弘

2018/02/04   -エッセイ, 未分類, 短歌

少し前の朝日新聞の読書欄に穂村弘が書いた文章を読んでいて思い出したことがあった。 番外編 読書は必要? あなたの「世界」を変えるかも 穂村弘

土田耕平の短歌

目にとめて信濃と思ふ山遠し雪か積もれる幽けき光 住み慣れて心寂しも磯小立青葉する頃はわれ痩せにけり

下ふさのたかし来れりこれの子は蜂屋大柿吾にくれし子  正岡子規が長塚節を詠んだ短歌 

歌会の行事で長塚家を訪れる催しがあり、後日の歌会で長塚節(ながつかたかし)を詠んだ歌を多く拝見することができた。 以下は正岡子規が節を詠んだ歌。 下ふさのたかし来れりこれの子は蜂屋大柿吾にくれし子&n ...

no image

物おもへば沢の蛍も我が身よりあくがれ出づる魂かとぞみる 和泉式部 安田登のコラム

2018/02/04   -未分類, 短歌

一昨日いただいた冊子に載っていたもの。 「新世」7月号「古典を旅する」より「和歌 菩薩への道」 物おもへば沢の蛍も我が身よりあくがれ出づる魂かとぞみる 物思いに沈んでいたとき、ふと顔を見上げると沢を埋 ...

歌人の安森敏隆氏死去 ケータイ短歌介護短歌の提唱者

2018/02/04   -エッセイ, 未分類, 短歌

11日のニュースを見落としたらしく書くのが遅れた。 安森敏隆氏死去 歌人、ケータイ短歌提唱 ケータイ短歌を提唱した人だというのは初めて聞いた。 携帯、ではない。ケータイ短歌。

対象に時間を見る姿勢 正岡子規 庭前即景 島木赤彦 切り火

くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる 汽車の音の走り過ぎがる垣の外の萌ゆる梢に煙うづまく くれなゐの若菜ひろがる鉢植えの牡丹の蕾いまだなかりけり 春雨をふくめる空のうす曇り山吹の花の ...

月よみの光を待ちて帰りませ山路は栗の毬の多きに~良寛の歌

2018/02/04   -未分類, 短歌

  実家の父の本棚に良寛の歌集がある。いや、あるはずなのだが、外箱だけが残って空になっている。 中の本を探しているのだが、どこへやってしまったのか未だに見つからない。

遠白の意味 川遠白し~吉田正俊

2018/02/04   -万葉集, 未分類, 短歌

川遠白く見下ろす山に若き僧のこころ鋭くなれば来にけむ 昭5 吉田正俊 高野山安居会で茂吉が激賞したという。「茂吉を学んで茂吉より特色ある作になっている。」(小谷稔)

寄物陳思の表現様式 なぜ短歌には物や景色が詠まれるのか 

2018/02/04   -万葉集, 未分類, 短歌

短歌には、多く季節の物や風景、あるいは身近な対象物が詠み込まれます。 詩歌というのは、物を詠むものではなく、人の心を表すものなのですが、なぜ必ずと言っていい程、心を媒介するのに、そこに物の仲立ちが必要 ...

長塚節「秋の歌」の序詞について

  長塚節の助詞について柴生田稔の興味深い記述を見つけた。

清水房雄「一去集」より

2018/02/03   -未分類, 短歌

今朝の夢に清水房雄氏が出てきた。第一歌集は読んだが、もちろん面識などはない。 土屋文明に指導を受け、宮中選者も務めた高名なアララギ派の歌人だが、あろうことかその人を訪ねに行って、歓談中私が「歌を見ても ...

犬の短歌「寒くなりし」~斎藤茂吉 戌年にちなんで

2018/02/03   -斎藤茂吉, 未分類, 短歌

斎藤茂吉にも犬を詠んだ歌がある。赤光の有名な二首「長鳴くは」「さ夜ふけと」は省いて、下のものを 寒くなりしガードのしたに臥す犬に近寄りてゆく犬ありにけり「暁光」 目のまへの売犬の小さきものどもよ成長の ...

長塚節の伝記小説「白き瓶」藤沢周平

2018/02/03   -文学, 未分類, 短歌

  「土」を書いた長塚節(ながつかたかし)は歌人だった。 その伝記を小説として藤沢周平が書いた「白き瓶(かめ)」という本があると知って注文してみた。

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.