「短歌」 一覧

字あまり・字足らず・句割れ・句またがりの韻律「韻律から短歌の本質を問う」より2

2018/02/03   -本・歌集, 短歌

「字あまり」「字足らず」「句割れ」「句またがり」についての解説です。 「韻律から短歌の本質を問う」に掲載の短歌を元に解説します。

no image

土屋文明『往還集』『山谷集』鶴見臨港鉄道他『六月風』

休暇となり帰らずに居る下宿部屋思はぬところに夕影のさす 冬至過ぎてのびし日脚にもあらざらむ畳の上になじむしづかさ

命のビザ杉原千畝の夫人杉原幸子の歌集『白夜』

2018/02/03   -未分類, 短歌

杉原幸子、ビザ交付事件の杉原千畝の夫人が当時の状況を歌にして残していたという。 歌誌「アララギ」の同人として短歌を投稿されていたと読んだ。 ナチスに追われ逃れ来しユダヤ難民の幾百かの眼がわれを凝視(み ...

あめつちにわれひとりゐてたつごとき 「万葉調の良寛調」会津八一の短歌

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品, 短歌

会津八一を知ったのは、吉野秀雄が師事した歌人であるとのつながりからだった。

其子等に捕らへられむと母が魂蛍となりて夜を来たるらし 窪田空穂

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品, 短歌

窪田空穂(うつぼ)の歌が今日の新聞に載っていた。子どもの歌をたくさん残したという。

清水房雄の短歌~吉村昭の訃報に詠んだ歌

知人のところで清水房雄の歌を読んできた。  吉村昭最期のさまを記事に読むあれも一つの生き方死に方

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.