茂吉秀歌

「暁紅」「寒雲」「小園」斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」

更新日:

162「小園」くやしまむ

くやしまむ言も絶えたり炉のなかに炎のあそぶ冬のゆふぐれ

炉ばたで食事をして、食後しばらく火にあたりながら話をするが、その話がしばらくとぎれている冬の夕暮れ。「炉の中」には、木の根などがくべられて、火は盛んに燃えるのでもなく、消えるのではもなく、燃えている。くすぶっていた木の音に炎の筋が走るようにして燃えたち、また炎が走って別のところが燃えたりするのを「あそび火」というが、それを自身の言葉として「炎のあそぶ」といっている。それにしても「炎の遊ぶ冬のゆふぐれ」は、寂しい沈黙の時間を、これ以上の的確さはないと思われるほどの的確さで表現している。一首のひびきに長く美しい遠韻がある。

163「小園」沈黙の

沈黙のわれに見よとぞ百房の黒き葡萄に雨ふりそそぐ

「百房の黒き葡萄」の「百房」は、葡萄畑で見ればたいして多い数とも思わないが、作者は盛んなながめとしていっているのだろう。その葡萄が「沈黙のわれに見よとぞ」垂れているというのは、「見よとぞ」眼を見開け、そういって、作者は眼をこらして、感動して、葡萄を見ていることを思わせる。

(中略)画家の描いた静物に対するように、「百房の黒き葡萄」という部分だけにも何かがある。その上「雨ふりそそぐ」という絵画にない「時間」が添っている。

 

164「小園」松かぜの

松かぜのつたふる音を聞きしかどその源はいづこなるべき

いわば素材としては陳腐な松風だが、「その源はいづこなるべき」によって感銘はまったく新しい。その風の源はどこだろうか、というのは因由のわからない風音が、ある時間空中に漂っていたところで、首尾のない、こういう夢幻のような風音もこの世にはあるかと、暗示的な風の音を聞いたのである。

誰でも知っている松風だが、はじめて知る風音でもある。「松かぜの」と「音を聞きしかど」の間に「つたふる」四音を入れて、言葉をのびやかに、ひびき長くいったのが力量である。このあたりに、一首の価値はかかっている。

 

165「小園」ひむがしに

ひむがしに直(ただ)にい向かう岡にのぼり蔵王の山を目守りてくだる

読者の受け取るものは「岡にのぼり」「蔵王の山を目守りて」「くだる」一連の行為であり、沈黙に終始するその行為に一首の威厳を感ずる。そして「のぼり」「目守りて」「くだる」というように行為の言葉が多いのに、ちっとも煩わしく、さわがしいところがなく、全体として厳しく強い歌調に統一されている点を見逃してはならない。

この悲痛ともいうべき声調に隠然たる威厳があるのは、主観の言葉がないからである。一首の歌から物語的筋書きを求めようとするなら失望するだろう。この歌はそういう程度をはるかに越えている。

 

166「小園」うつせみの

うつせみのわが息息(そくそく)を見むものは窗にのぼれる蟷螂ひとつ

疎開先のその生活を「うつせみのわが息息」といった。「息息」は「呼吸」の意で、も使用例をあげれば蘇東坡にある「息息安且久」など。

孤独で沈黙がちにいる自分の日常を「見むものは」、人間ではない、昆虫の「蟷螂ひとつ」であるというのである。そういうのは「遊び」だが、遊びがなければ味わいのある詩はできない。

そして歌は、悠々とした遊びの態度を保ちながら、言語堂々としている。堂々としているのが、傑作の一つの条件である。

 

たたかひの終末ちかくこの村に鳴りひびきたる鐘をわすれず

作者が疎開していた農村では半鐘が鳴ったのであろう。その鐘の悲劇的な音が忘れられないと言って、戦時中のもっとも悲しい音として、戦後に思い出しているのが暗示的である。

暗示的だから感銘が深いのは当然だが、なぜ限られたことを言って、このように多くのことを思わせるのか、不思議である。


稲を刈る鎌音きけばさやけくも聞こゆるものか朝まだきより
ものなべてしづかならむと山かひの川原の砂に秋の陽のさす
この国の空を飛ぶとき悲しめよ南へむかふ雨夜かりがね
秋晴れの光となりて楽しくも実りに入らむ栗も胡桃も
一日すぎ二日すぎつつ居りたるにいつの頃よりか山鳩啼かぬ

 

169「小園」貧しきが

貧しきが幾軒か富みて戦をとほりこしたるこの村の雪

貧しかった家が栄えたり、そういう変化起伏はいつの時代にも、どこの土地にもある。(中略)村の山も川も、どの家も一様に雪におおわれて、区別なくしずまりかえっているのが片に感動的でもある。

「戦をとほりこしたるこの村の雪」という下句に、これが世相だと諦視する人の言葉がある。一木一草に寄せる感動も、このような感動もともに心にひびく。


をやみなく雪ふるときはわが身内(みぬち)しづかになりぬこのしづかさよ
午後一時の時計のおとを聞くころはしきりに眠し雪の降らくに

 

170「小園」雪ふぶく

雪ふぶく丘のたかむらするどくも片靡(なび)きつつゆふぐれむとす

猛烈な吹雪になって、丘の篁が一方に靡くのが見えながら夕暮れてゆく。その寂しさ。吹きつける雪の強さをいった「するどくも」が確かだし、一方に傾くのを「片靡き」と堅固に形容しているのもいい。

一つの状景に一つだけの表現をしようとするから、このような句がある。

「白き山」「つきかげ」に続く
「白き山」「つきかげ」斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説5「茂吉秀歌」

> 前のページへ 







tankakanren

-茂吉秀歌

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.