朝日歌壇 未分類

朝日歌壇5月13日掲載分より 季節が落ち着いて様々な題材

更新日:

こんにちは。まるです。
朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。
朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。昨日5月13日の掲載分です。

スポンサーリンク

朝日歌壇とは

朝日歌壇についての説明です。
「朝日歌壇」とは朝日新聞朝刊の短歌投稿欄です。俳句は「朝日俳壇」です。
新聞の短歌投稿欄は、どの新聞においても、誰でも自由に投稿できます。
投稿方法の詳しいことは別記事「朝日歌壇」とは何か?朝日歌壇の紹介と他の新聞の短歌投稿方法と応募の宛先住所」をご覧ください。

馬場あき子選

若いのに杖が要るのかと言われたり七十五の吾が米寿の爺に  岡田独甫

米寿とは88歳のこと。若い人から見るとどちらも同じようだが、当人にとっては13歳の差は看過できまい。高齢化社会を如実に感じる歌でもある。共選。

取り敢えずと庭に置かれし汚染土が四年経て今運ばれてゆく  稲村忠衛

福島の作者。震災は当地の人にとっては過ぎたことではない。地震は新しい問題を生んでしまった。津波の跡は悲しくも更地になるが、土そのものの汚染は更地では解決しない。

佐佐木幸綱選

マラソンを職業にするとふ春日部の穂麦の道を今朝も走るらむ  斉藤彰

このニュースは知らなかったが、市民ランナーのマラソン選手がプロに転向したということだ。2句の「するとふ」は「するという」の意味。麦穂ではなく「穂麦」という言葉もあるのだ。

井戸端に日なたぼこする蛇と逢ふもう誰も居ぬ故里の家  大内はる代

このあとは大相続時代。空き家の歌も増えるだろう。井戸のある故郷の家というのがいい。

日曜の度に流るる二胡の音(ね)は故国を偲ぶ留学生が弾く  須貝大二

上句の「日曜の度に」がいい。大切な楽器を抱えて海を渡ってきた留学生。作者はその音に望郷の念を思う。

時計屋の刻を違へしそれぞれの時計が動く雪の降る夜を  札場秀彦 

今号のいちばん好きな歌。「刻を違へし」に作者の注目がある。一律に揃っていない時計はおのおのの時間を内包して、「それぞれの」の語を与えることで、あたかも意思を持っているかのようにあらわされる。内容を含め上句は助詞の選択と語のつなぎ方が難しい。

高野公彦選

今号の高野選は、題材に富むいい歌が多くておもしろかった。

ルビコン川渡りてからの姉上は老人ホームで写経三昧(ざんまい) 桝田つやこ

ルビコン川を渡るとは、ある重大な決断・行動をすることを例える成句なのだそうだ。決意が何かかはここではわからない。あるいはホームへの入所も含まれるのかもしれない。「評」には「大きく変貌して生きる姉」と書かれる。

連翹(れんぎょう)の花の盛りの島遍路放哉(ほうさい)住みし寺もにぎわう 菰渕昭

尾崎放哉は「咳をしてもひとり」の作者の俳人。東京帝大を出たエリートだったが、酒で身を持ち崩し小豆島の寺男となった。遍路の来るだけの寂しい寺。レンギョウの花が寂しさを補う。

かつて娘のクラスメートでありし姓熊埜御堂を俳壇に見る  布能寿子

めずらしい姓の知人は今俳句を投稿されているとの気付き。「くまのみどう」という姓らしい。投稿の際はよいが稀少な姓の方は、いろいろと大変そうでもある。

パートさんドライバーさんとさん付けで悲鳴に近い求人広告  小山年男

世相を表す歌。人手が足りなくなって、もうどのくらいだろうか。当地もそうだが、東京のコンビニの店員はほとんど日本人でない方たちだそうだ。介護施設も、空きはあっても人手がなくて明けられない状態だそうだ。人を呼びたくても、そうそう賃金を上げるわけにもいかない。その苦渋が如実に求人広告に表れている。そこに気がつく作者はすごい。

かも鹿の脚と自賛せし弟よ特注サイズの柩(ひつぎ)に眠る  梅原三枝子

悲しい歌だが、足を大切にしていた弟さんを思って、遺族が配慮をした事が思われる。「弟よ」という呼びかけがそれを物語る。姉が弟の葬りをするということもあるのだと、初めて気がついた。

永田和宏選

こんなだとプラネタリウムで言っていた君の故郷へ行くことはなく 上田結香

電話すらくれないけれど今日髪を短くしたわ春も過ぎ行く 岡田紀子

失恋の歌二首。
人工の星空を二人眺めたときに、語った故郷の空を見ないまま、別れることになった。相手の生まれた町の、本物の星空はもう見られない。
ポップスの歌詞のような趣の口語の歌。女性が装って相手を待つという歌は古くからあるが、現代でも変わることはない。電話が来ますように。

まとめ

今週もすてきな歌がたくさんでした。今日も学ばせていただきます。

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ

-朝日歌壇, 未分類

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.