朝日歌壇より7月15日号 - 短歌のこと

朝日歌壇

朝日歌壇より7月15日号

更新日:

こんにちは。まる @marutankaです。

朝日新聞の朝日歌壇から好きな歌を筆写して感想を書いています。
朝日歌壇は朝刊日曜日に掲載。当記事は、7月15日の掲載分です。

スポンサーリンク

朝日歌壇とは

朝日歌壇についての説明です。
「朝日歌壇」とは朝日新聞朝刊の短歌投稿欄です。俳句は「朝日俳壇」です。
新聞の短歌投稿欄は、どの新聞においても、誰でも自由に投稿できます。投稿方法の詳しいことは別記事
「朝日歌壇」とは何か?朝日歌壇の紹介と他の新聞の短歌投稿方法と応募の宛先住所」
をご覧ください。

佐々木幸綱選

屋久島に生くと決めし息子(こ)赤子抱き妻と並びて岸壁で手振る(市川市)成相真理子

離島に移住することを決めた息子一家との別れの時。親にはさまざまな思いがあっただろうが、じっと見送る。

梅雨晴れの空に夕雲うきたちてエレベーターがふんわり止まる(東京都)青木公正

今号いちばん好きな歌。ガラス張りのエレベーターで外が見えるものに載っている時の眺め。エレベータが雲に近づくかのような高さに止まるとき、歌が生まれた。

高野公彦選

恋すてふ乙女(をとめ)のすなるダイエット健診のため夫もするなり(兵庫県)高垣裕子

古典では「日記」だったが、今はダイエットを男性もする。健診のためというのは、メタボ健診のことだろう。

山寺に吹奏楽部合宿しパーカッションに木魚混じれる(朝霞市)青垣進

證誠寺を思わせるような寺。狸ではなくて、学生が集まって様々な音を奏でるお祭りのような夜。

永田和宏選

一斉に地震速報鳴り出してスマホない人ある人を見る(東久留米市)白井澄江

街角で見られそうな光景。私自身もスマホを持っていないので、思わず注視するかもしれない。

原発に異常は無いとテロップが繰り返し出る地震速報(川崎市)小島敦

地震よりもそちらへの不安の方が強い。ところによっては津波も入るだろうか。

晴れし日の紫陽花(あぢさゐ)の根元に潜む蝸牛(かたつむり)、おやっ「ゐ」の字に二匹(京都市)森谷弘志

散文に近い字余り。同じ作者の作品を前にも見た憶えがある。

馬場あき子選

数学の講義のあとに一人ゐて頬杖をつく女子留学生(東京都)斑山羊

留学生の孤独か。スナップのようなおもしろい視点の歌。

原発の破壊で家を追われしに今の気持を訊ねるテレビ(福岡市)渡邉健治

原発ばかりでなく、テレビでは今やよく出くわすシーン。見ている人は一層無残の感を強くする。共選。

若き日は吾子の椅子なりしわが膝の闇に射さるるヒアルロン酸(神奈川県)西沢三輪子

作者の膝が若く健康だったころに「椅子だった」ことを思い出す作者。膝をポイントにした回想がいい。

竹垣に挿されて地下足袋干されをり過疎の真昼は静かなりけり(富士吉田市)萱沼勝由

好きな歌。過疎の村の昼の静けさを表す事物を的確に選んでいる。斎藤茂吉にも多いモチーフだ。

まとめ

今回は一年分の選外作品から思わず笑ってしまう朝日歌壇「番外地」選外の「秀歌」をご紹介と併せて掲載しました。

 

-朝日歌壇

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.