朝日歌壇

朝日歌壇選者新春詠 佐々木幸綱,高野公彦,永田和宏,馬場あき子

更新日:

おめでとうございます。まるです。今年もよろしくお願いします。

今朝の朝日新聞から、朝日歌壇選者による新春詠をお届けします。

スポンサーリンク



朝日歌壇選者新春詠

今日、2019年元旦の朝刊に掲載された、朝日歌壇選者による2019年1月1日の新春詠です。

佐々木幸綱

「大鷺」

雪見つつ昼酒飲めば飛び来たり大鷺(だいさぎ)白く着水したり

ゆったりと足を伸ばして新年の河床に立つ大鷺一羽

感想

雪を身ながら飲む酒は「雪見酒」といわれる。俗な成語を使わずに、具体的に「雪見つつ酒飲めば」としている。

白い大きな鷺の仕草と様子、新春詠らしい二首。

 

高野公彦

「入浴」

新聞社に<伝書鳩部>のありしころ年初の空を飛びし鳩たち

帽ぬぎて初湯にひたる千利休しんから田中与四郎となる

感想

今の世のように、メールなどと言うものがない頃は、伝書鳩がその役目を果たしていたという。文字を運ぶ、翼を持った鳥たち。
それを管理する「伝書鳩部」とくものがあったというのが面白い。

千利休という人は、肖像画では帽子をかぶっているため、脱いだところを思い浮かべにくいのだが、お湯につ和えるときは、もちろん帽子を脱いだのだろう。元が何かはわからないが、風流でユーモラス、どこか山水画のような感じがする。

 

永田和宏

「ひとり酔ふのみ」

平成の終はりの年の始めなりひとりし飲めばひとり酔ふのみ

平成最後の、と言はれつづけし一年のいよいよ最後にわが歌集出づ

感想

平成も過ぎゆく年となるという感慨。今年は特別な大晦日、そして特別な信念なのだ。

馬場あき子

「冬の入り口」

子ども抱へしボート難民のリアルなる渚を思ふ冬の入口

シーラカンスの憤怒することもあらざるやスマホに飼ひて折々に見る

感想

渚の先に貼り句がある。そして、作者も又冬の入り口に立っているということで、作者は自らを難民と同じ位置に置いていることがわかる。
誰にとっても、入り口はわかってもその先はわからない。新しい年の始めも然り。

作者はスマホのアプリで、「シーラカンス」を飼っているのだろう。魚はスマホの中をゆっくりと泳ぐが、その魚も「憤怒」を持つかと問いかけていることは、また作者の内面とも通底するのだろう。

今年の朝日歌壇もまたよろしくお願いいたします。

アマゾンプライムは、注文品が最速で届いたり、無料のビデオやコミックも多数。

私は家のテレビにつないで、テレビ画面で「ジャックライアン」シリーズを見ています。

初月無料なので、その間にたくさん見てもいいですね。

面白いなと思ったら月額500円、見たい作品がなくなったら、1か月間でもいつでも解約できますので、どうぞお楽しみくださいね。





tankakanren

-朝日歌壇

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.