現代短歌

NHK全国短歌大会の受賞作品のご紹介 第21回全国から33000首

投稿日:

NHK全国短歌大会のテレビ放映が昨日行われました。

NHK全国短歌大会の受賞作品の一部をご紹介します。

全国から集まった素晴らしい作品ばかりです。鑑賞の上、歌作の参考になさってください。

スポンサーリンク




NHK全国短歌大会とは

NHK全国短歌大会とは、NHKとNHK学園が毎年開いている短歌の会です。

全国の短歌の愛好家から寄せられた優れた作品を紹介する目的で、短歌の応募ができ、今回は一般の部と中学生以下の部に、合わせて3万3000首余りが寄せられました。

そのうちの受賞作品の一部は次の通りです。

大会大賞となった作品3首

雨の日は髪の匂いが深まれり湖底のやうな小さき古書店

--新潟 滝沢三枝子

滝沢三枝子さん(73)の作品は東京・浅草で立ち寄った古書店での様子を表現したもので、独特なにおいをとらえ「湖底のやうな」という比喩でまとめた点が評価されました。(NHKニュースのコメント)

ちちのみの父のちからの名残なる砥石のくぼみに指をふれたり

--東京 大山園枝大山園枝さん(59)は、亡くなった父の役目であった包丁研ぎをしようと取り出した砥石にくぼみがあるのに気付き詠んだもので、父の生きた証しとともに静かな寂しさも引き寄せていると評価されました。(同)

農大生の友と歩けば土手に咲く花は次々名をもらひたり 東京 吉田久枝

--東京 吉田久枝

吉田久枝さん(70)の作品、「農大生の友と歩けば土手に咲く花は次々名をもらひたり」は、東京農業大学の聴講生として長年学んだ友人と散歩した際に、草花が次々と名前を呼ばれた様を詠んだもので、新鮮さと喜びをとらえた生き生きとした景色が評価されました。(同)

特選一席 特選作品 

ここからは「特選作品」に選ばれた短歌です

なお、これらの作品はPDFファイルでNHKのHPで読めます。

特選一席

■俵万智選

農大生の友と歩けば土手に咲く花は次々名をもらひたり
--東京 吉田久枝

スイッチでやさしい風にできるけどやさしい気持ちのスイッチは無い
--徳島 坂東典子

■大辻隆弘選

苦戦中の大坂なおみべんちにてバナナの筋をゆっくり除りいつ
--三重 鈴木圭子

すきまという言葉おぼえしおさな子はすきますきまと指さし歩く
--東京 山口妙子

■穂村弘選

好きよりも大好きの方が逃げ道を残せるかしら終電が来る
--千葉 万伸智子

すきまという言葉おぼえしおさな子はすきますきまと指さし歩く
--東京 山口妙子

■永田和宏選

目を見つめ大丈夫?って聞かないでだいじょうぶって答えてしまう
--福井 藤田久子

ジーンズの右のお尻のスマホから君の知らせは振動でくる
--茨城 森純一

■佐々木頼綱選

大楠をひたすら登るカタツムリきみよ世界はこんなに広い
--岡山 平尾三枝子

鳥になる準備を始めた父の目は空を見ており時を移さず
--愛媛 丸山香苗

■坂井修一選

シリウスはナイル氾濫の時知らす大地を祭れ種播く時ぞ
--福島 須木ひろ子

水晶のやうな一(ひと)日は暮れゆきて老人ホームに〈イマジン〉流る
--埼玉 萩原信子

■大島史洋選
耳遠くなりたる妻に大声で言えばそんなにおこるなと言う
--大分 芦刈成雄

雨の日は髪の匂いが深まれり湖底のやうな小さき古書店
--新潟 滝沢三枝子

■佐伯裕子選

大学の七万冊の図書の段(きだ)仰ぎつつゆく知のアルプスを
--秋田 田口順子

狭の村 たったふたりのためだけに若きパン屋は週いちど来る
--青森 加賀谷富美子

■斉藤斎藤選

末っ子の最後の学費を納め終え駅前通りを大きく歩く
--大阪 東大路エリカ

もう何も出来なくなったと言ふ母を二度笑はせてわたしも笑ふ
--三重 加藤京子

■江戸雪選

大通り曲がればことんと静かなり能楽堂の矢印が見ゆ
--東京 岡本和子

ちちのみの父のちからの名残なる砥石のくぼみに指をふれたり
--東京 大山園枝

■伊藤一彦選

漁師との対決終へて静かなり大間の鮪は解体を待つ
--埼玉 望月敬子

■三枝昴之選

サバ缶を大根おろしにポンと入れさあ疾く食べよ仕事日和だ
--群馬 大塚とみこ

新しい色鉛筆に君の名を書いてゆく春どの色も君
--埼玉 古田里麗

■小池光選

大いなるリトルボーイを落とした手は家に帰って何を抱いたか
--神奈川 新井場公徳

ちちのみの父のちからの名残なる砥石のくぼみに指をふれたり
--東京 大山園枝

■小島ゆかり選

六月の日暮れの街は蜥蜴いろ名前を知らに知り合ひにあふ
--埼玉 萩原信子

特選二席 自由題

選者は50音順です

■伊藤一彦選
ホルダーの書類に父母の写真添え避難準備の完了とする 北海道 仁尾泰子

■江戸雪選
冬の雨上がりって赤の教会のステンドグラスの白百合眩し 岩手 高橋貴子

■大島史洋選
足を病むわれには出来ぬフラダンス真似てみるなりせめて手振りを  静岡 半田貞子

■大辻隆弘選
スーパーの鮭の切り身はノルウェー産まだ見ぬ白夜想ひ手に取る 長崎 小泉浪士

■小池光選
河原にてチューバ練習する男の子チューバに空と風を映して 大阪 瀬川幸子

■小島ゆかり選
残業の帰りにいつも会う猫がたいへんだねと蝉をくれたり 愛媛 梅原秀敏

■三枝昴之選
雨の日は髪の匂いが深まれり湖底のやうな小さき寒かったでしょう古書店 新潟 滝沢三枝子

■斉藤斎藤選
蒔く気にはならぬキウイの小さき種自分をもっと面白がろう 神奈川 羽嶋聡子

■佐伯裕子選
エプロンの裾が僅かに触れただけバジルは本気か一面香る 群馬 鈴木美幸

■坂井修一選
運転の免許返納翌朝に歩道で出会うバッタと若葉 広島 小田浩巳

■佐佐木頼綱選
枯れ果てた向日葵のみた夢だけを集めひかりの花束とする 京都 喜多瑛優

■俵万智選
母われにたったひとつの贈りものレブロンの口紅棺へかかえす 千葉 山崎蓉子

■永田和宏選
この人にお茶を淹れたいこれからも冬のオフィスで決めた若き日 東京 平子蘭子

■穂村弘選
花の名はこの花の名はと母に聞くこの一瞬が終はらぬように 愛媛 和泉幹子

 

他の入選作品について

他にも、海外作品の部、が50首以上と近藤芳美賞(近藤芳美賞・選者賞・選者奨励賞・入選作品)。
ジュニアの部、のジュニア大賞、学校大賞・学校優秀賞・特別賞)●幼児・小学生の部 ●中学生の部 特選・秀作 と入選 のご紹介しきれないほどたくさんの作品があります。

全作品は、一冊の冊子として発売されています。

入選作品の冊子について

入選作品を冊子にまとめたものが買えます。

「第21回NHK全国短歌大会入選作品集」

種類と価格

一般の部:1部1,500円(税・送料込み)
ジュニアの部(短歌・俳句合本):1部1,200円(税・送料込み)

申し込み方法と申し込み先

【申込方法】
葉書またはFAX、電話

①購入希望の作品集名(例:第21回NHK全国短歌大会作品集)
②冊数
③ご住所
④お名前
⑤お電話番号

を記入の上、NHK学園教材サービスまでお申し込みください。

葉書の申し込み宛先

〒186-8001 東京都国立市富士見台2-36-2
NHK学園 教材サービス係

・電話 042-572-3151(代)【電話受付時間:9:30~12:00・13:00~17:30、土日祝・年末年始を除く】
・FAX 042-572-0061(24時間受付)

詳しくは NHKのHPをご覧ください







tankakanren

-現代短歌

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.