「テーマ別短歌」 一覧

水害の短歌 伊藤左千夫 生涯で3度の被災を詠み続けた

伊藤左千夫には水害を詠んだ短歌があります。 『野菊の墓』で有名な伊藤左千夫は、小説家になる以前から、正岡子規に師事したアララギ派の主要な歌人です。 職業は牛乳搾取業、本所区茅場町の住まいが何度も水害に ...

コロナ禍を詠む短歌 ”心の扉を開く鍵”朝日歌壇4月5日

コロナ禍を詠む短歌が多数朝日歌壇に投稿されています。 新型コロナの感染者数が日に日に増加、コロナウイルスに感染せずとも、誰しもがその影響を受けることを余儀なくされています。 朝日新聞の投稿歌より、その ...

3月に読みたい短歌 記事一覧 卒業,梅,桜,春の和歌など

2020/03/12   -テーマ別短歌

3月に読みたい短歌 春の短歌、当ブログにある記事で、今の季節に読みたい短歌を一覧にまとめました。 春という季節を詠んだ短歌の他、桜や梅、卒業や就職などの、この季節ならではの短歌や和歌をぜひご覧になって ...

春の有名な和歌10首 万葉集・古今集・百人一首から大伴家持,西行,紀貫之

春の和歌でよく知られた有名な短歌作品にはどのようなものがあるでしょうか。 春の有名な和歌を万葉集・古今集・百人一首から、大伴家持、西行、紀貫之他の作品からご紹介します。

巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を/万葉集の椿の短歌7首

2020/02/26   -テーマ別短歌, 万葉集

巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を―有名な万葉集の椿を詠んだ短歌のご紹介です。 令和の語源が万葉集と知られるようになったので、梅が代表的な花のようにも思われていますが、椿もまた古くか ...

猫の短歌 現代短歌より 宇都宮敦 穂村弘 本田真弓

2020/02/22   -テーマ別短歌

猫の短歌、猫を詠んだ短歌にはどのようなものがあるでしょうか。 きょう2月22日は、猫の日、有名な猫の短歌を現代短歌より探してみました。 また、穂村弘さんの「シャボンまみれの猫が逃げだす午下がり永遠なん ...

節分の短歌・和歌 鬼と豆まき 藤原定家,橘曙覧,斎藤茂吉,与謝野晶子他

2020/02/03   -テーマ別短歌

節分と豆まき、そして豆をもって払うとされる鬼の出てくる短歌や和歌にはどのようなものがあるでしょうか。 節分にまつわる短歌を探してみました。 藤原定家、橘曙覧、斎藤茂吉、与謝野晶子他の作品からご紹介しま ...

新年の短歌・和歌10首 万葉集代表作品 大伴家持他

2019/12/24   -テーマ別短歌, 万葉集

新年やお正月を詠んだ年の初めの短歌、「新年詠(えい)」というものですが、万葉集の新年詠にはどのようなものがあるでしょうか。 「新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)」の万葉集の ...

クリスマスの短歌 大野誠夫,土屋文明,穂村弘,笹井宏之,小島ゆかり,岡井隆他

2019/12/16   -テーマ別短歌

クリスマスの短歌、クリスマスにまつわる事物を題材にした短歌にはどのようなものがあるでしょうか。 今日は、クリスマスというイベントとその周辺が詠み込まれた短歌、様々な歌人の詠んだ冬の短歌を、近代、現代の ...

食べ物の短歌 朝日新聞「うたをよむ」藤島秀憲,田中拓也他現代短歌より

食べ物と料理の短歌にはどんなものがあるでしょうか。 朝日新聞「うたをよむ」に掲載の短歌を元に、現代短歌より食べ物の歌を集めてみました。

紅葉の短歌 アララギ派の近代短歌より 正岡子規,斎藤茂吉,長塚節,伊藤左千夫,島木赤彦,古泉千樫,中村憲吉

紅葉の短歌、秋の短歌とい言えば、なんといってももみじの紅葉や、銀杏の黄色の葉を詠んだものが鮮烈な印象を持って胸に響きますね。 秋ならではの風物詩、紅葉の短歌について、紅葉、もみじばかりでなく、銀杏や山 ...

秋の短歌 有名な新古今集の和歌と現代短歌から 紅葉 田 月 吾亦紅 萩 葡萄

2019/11/05   -テーマ別短歌

秋の短歌は、四季を詠んだ歌のうちでも最も多いかもしれません。 さびしくものがなしく、しかし美しい秋の季節は古くから歌ごころを誘うものだったのでしょうね。 今日は和歌と近代短歌から、秋の短歌をご紹介しま ...

結婚の短歌で有名な作品 現代短歌と近代 寺山修司,中村憲吉

2019/10/01   -テーマ別短歌

結婚の短歌で有名な作品にはどんなものがあるでしょうか。 自分が結婚するときに歌人が詠んだ作品を探してみました。

中秋の名月 月を詠んだ和歌・名歌 万葉集と古今和歌集より

2019/09/13   -テーマ別短歌

「中秋の名月」は今日13日。 古来より、洋の東西を問わず、月は万人に眺められ、人の心に光を投げかけてきました。 きょうは月を題材に詠んだ短歌と和歌を集めてみました。

月の短歌 現代短歌より前登志夫 岡井隆 佐々木幸綱 三枝昴之

月の短歌の数々、秋の夜、月を眺めた後に思い出すことがあります。 古い時代には月が詠まれた和歌もたくさんありますが、今回は短歌を詠まれる方の参考になるように、現代の短歌から選んでみました。

原爆の短歌 河野キヨ美 正田篠江 竹山弘「消えない記憶」

2019/08/19   -テーマ別短歌

原爆の短歌と聞いて、皆さんはどの歌を思い出しますか。 朝日新聞に、河野キヨ美さんの短歌を含む記事が掲載されました。 原爆を詠んで有名な歌人、正田篠江さん、竹山弘さんの歌集「とこしへの川」の作品と合わせ ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.