「文化・芸術」 一覧

長塚節の伝記小説「白き瓶」藤沢周平

2018/02/03   -文学, 未分類, 短歌

  「土」を書いた長塚節(ながつかたかし)は歌人だった。 その伝記を小説として藤沢周平が書いた「白き瓶(かめ)」という本があると知って注文してみた。

ペンタトニックについて「トロイカ」と「浪花節だよ人生は」の類似

2018/02/03   -文化・芸術, 未分類

新聞「日曜の広場」、今週のテーマが「音楽」だった。そこで「黒鍵だけで演奏」とのこんな内容の投書があった。  あるお母さんが二人の子供にピアノを習わせた。長女は「ひらがなより先に音符が読めた」。 しかし ...

必要なもの 三浦朱門と息子太郎のエピソード

2018/02/03   -エッセイ, 未分類

知人のブログにリンクが引かれていたので、中村某という作家が金原(下の名は不明なのでこれも金原某としておこう)に、手紙をもらったという箇所を読んできた。  以下その引用。

死者が生者を励ますという発想の歌詞「千の風になって」

2018/02/03   -エッセイ, 未分類

昨日、文部科学省による教科書検定の記事を読んだ。ひとつは太平洋戦争の沖縄戦に関しての記述の問題、もうひとつが高校生の音楽の教科書に演歌が取り上げられたということ、(以前「ヨナ抜き音階」すなわちペンタト ...

no image

蓑虫の音を聞きに来よ草の庵 芭蕉の蓑虫の句

2018/02/03   -未分類, 詩歌
 

 父の本を処分することにした。捨てがたいが仕方がない。業者に家具類と一緒に処分を頼んだのだが、束ねた中に「大芭蕉全集」があったので抜き取って開いてみた。昭和十年刊。読んでいたらおもしろくなって、手元に ...

no image

読売俳壇から~蝉の殻

2018/02/03   -未分類, 詩歌
 

 読売新聞の俳壇から。    蝉しぐれ藤沢周平生れし地    新潟市 山田彦徳  吉野には吉野の声や蝉時雨    姫路市 浜野正美  どちらもきれいな句。「蝉時雨」という言葉自体が、まだ私にはすてき過 ...

「藤原正彦の人生案内」

2018/02/03   -文学, 未分類

新聞の人生相談のコーナーの藤原正彦氏の回答集をまとめた本が出版されたという。紙上でも見てきたが、改めて読んでみたくなった。 「性格が暗くて嫌われている」という中学生に、藤原氏は答える。

「手紙」~鈴木敏史のやさしい詩 「星の美しい村」

2018/02/02   -詩歌
 

鈴木敏史(すずきとしちか)さんの「手紙」の詩、それから「星の美しい村」のご紹介です。

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.