「斎藤茂吉全」 一覧

こもり波あをきがうへにうたかたの消えがてにして行くはさびしゑ/斎藤茂吉短歌解説

2019/09/04   -ともしび

「こもり波あをきがうへにうたかたの消えがてにして行くはさびしゑ」斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎 ...

斎藤茂吉の戦争の短歌  歌集『小園』より代表作「百房の葡萄」

2019/08/16   -斎藤茂吉

斎藤茂吉の歌集『小園』から、戦争に関する歌、終戦前後の歌をご紹介したいと思います。 静かでありながら、厳しくも美しい終戦後の日々、疎開した故郷山形の地で、斎藤茂吉の日々を短歌で追っていきます。

今日の日も夕ぐれざまとおもふとき首をたれて我は居りにき/斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/05/07   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

午前二時ごろにてもありつらむ何か清々しき夢を見てゐし/斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/28   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

なにがなし心おそれて居たりけり雨にしめれる畳のうへに/斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/23   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

目をあきてわがかたはらに臥したまふ窿応和尚のにほひかなしも/斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/10   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

さ夜なかにめざむるときに物音たえわれに涙のいづることあり 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/03/01   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

「茂吉忌」2月25日は斎藤茂吉の亡くなった日 茂吉の生涯と短歌

2019/02/25   -斎藤茂吉

今日2月25日は茂吉忌。 歌人で精神科医であった斎藤茂吉が昭和28年に亡くなった日、命日です。 死因は心臓喘息と伝えられていますが、数年前から高齢のため療養しており、同じく精神科医であった斎藤茂太と同 ...

ひかりさす松山のべを越えしかば苔よりいづるみづを飲むなり 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/02/08   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

斎藤茂吉の冬の短歌 しんしんと雪ふるなかにたたずめる馬の眼はまたたきにけり,一冬は今ぞ過ぎなむわが側の陶の火鉢に灰たまりたる

2019/01/30   -斎藤茂吉

まもなく、冬一番寒い季節が近づいています。 斎藤茂吉の冬の短歌を拾ってみました。鑑賞のハンドブックに、それからご自分でも詠まれるときの参考になさってください。

うつしみの吾がなかにあるくるしみは白ひげとなりてあらはるるなり 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2019/01/23   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

斎藤茂吉新年詠一覧 年頭に詠むべきもの「新しき年のはじめに」「餅」の短歌

2019/01/03   -斎藤茂吉

新しい年となりました。今年もよろしくお願いします。今日は斎藤茂吉の新年詠を探してみました。

家いでてわれは来しとき渋谷川に卵のからがながれ居にけり 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作解説

2018/12/25   -ともしび

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品の目次 テキストのみ解説なし

2018/12/15   -ともしび

斎藤茂吉の第6歌集『ともしび』の代表作品の抜粋です。便覧などにお使いください。 現代語訳と解説は代表作品を集めた『つゆじも・ともしび』短歌一覧の方にまとめましたので、そちらをご覧ください。

かへりこし家にあかつきのちやぶ台に火焔の香する沢庵を食む 斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品

2018/12/15   -ともしび
 

斎藤茂吉『ともしび』から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。 他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽 ...

斎藤茂吉の海外旅行詠 歌集『遠遊・遍歴』 より代表作品「黒林のなかに入りゆくドウナウはふかぶかとして波さへ立たず」

斎藤茂吉歌集『つゆじも』の後の歌集は『遠遊』『遍歴』と続きます。この項は、その中の代表作品をまとめて簡単に示します。 ■「つゆじも」一覧を見る

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.