「テーマ別短歌」 一覧

新社会人「うたをよむ」仕事や職業の短歌・現代短歌/朝日新聞 石川啄木

2019/04/14   -テーマ別短歌

春はこれまで学生だった人も社会人になる季節ということで、朝日新聞の「うたをよむ」欄に「新社会人と短歌」というタイトルで、石川啄木と現代短歌から三首紹介されていました。 そこで、今日は仕事に関する短歌、 ...

「春の雪」を詠んだ短歌・和歌 斎藤茂吉,石川啄木,与謝野晶子,島木赤彦

2019/03/22   -テーマ別短歌

こんにちは、まるです。 3月も半ばを過ぎて、昨日はお彼岸でした。 春彼岸に思い出す歌と言えば、斎藤茂吉の「うつつにしもののおもひを遂ぐるごと春の彼岸に降れる白雪」があります。 春の雪というのは独特の風 ...

卒業の短歌 現代短歌より俵万智,千葉聡,穂村弘,米川千嘉子,高野公彦

2019/03/19   -テーマ別短歌

こんにちは。まるです。 3月は卒業シーズンであり、別れの季節でもありますね。 今日は卒業に関する短歌を現代短歌から集めてみました。

雪の日に思い出す短歌 北原白秋,穂村弘,俵万智,寺山修司他

こんにちは。まるです。 皆さんは、雪の日、家ごもりをしていてふと思い出す歌はありますか。

花山周子歌集「林立」からスギと花粉症の短歌 木と人との不幸な関係性

こんにちは、まるです。 今日の朝日新聞「天声人語」には、おもしろいことに、花粉症と杉の木を詠んた短歌が引用、紹介されていました。 もちろん、冗談の類ではありませんで、歌人の花山周子さんが詠まれた短歌だ ...

梅の短歌・和歌まとめ 現代短歌と万葉集、新古今和歌集から

2019/02/15   -テーマ別短歌

こんにちは。まるです。 皆さんのところでは、もう梅の花は咲きましたか。 今日は梅の短歌を集めてみました。前半は万葉集と古今集、後半は現代の短歌からです。 どうぞ、梅の香りを楽しみながら、鑑賞してくださ ...

『平成万葉集』全短歌作品 平成に詠まれた短歌からNHKBS1月2日放送分

1月2日NHKBSのテレビ番組「平成万葉集」の中で放送された短歌作品を掲載します。 平成に詠まれた短歌を歌人から一般まで広く取り上げる3本シリーズの1回目です。

冬の短歌まとめ 近代~現代短歌 寺山修司,高野公彦,佐々木幸綱,俵万智,穂村弘,窪田空穂,前田夕暮

2018/12/21   -テーマ別短歌

こんにちは。まるです。 町はもうすっかりクリスマス気分。夜にはイルミネーションも見かけるようになりました。 今日は、冬の事物が詠み込まれた短歌、様々な歌人の詠んだ冬の短歌を、近代、現代の短歌からまとめ ...

不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心 石川啄木『一握の砂』短歌代表作品

中学校の教科書に掲載されてもいる、石川啄木の有名な短歌代表作品「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ 教科 ...

思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ 現代語訳,句切れ,表現技法解説

2018/12/12   -教科書の短歌
 

中学校の教科書に掲載されてもいる、俵万智さんの有名な短歌代表作品「思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ」の現代語訳と句切れ,字余り,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の ...

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ 俵万智 現代語訳,表現技法,句切れ,体言止め解説

2018/12/11   -教科書の短歌
 

中学校の教科書に掲載されてもいる、俵万智さんの有名な短歌代表作品「「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌 ...

麦のくき口にふくみて吹きをればふと鳴りいでし心うれしさ 窪田空穂短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法の解説

2018/11/08   -教科書の短歌

中学校の教科書に掲載されてもいる、窪田空穂の有名な短歌代表作品「麦のくき口にふくみて吹きをればふと鳴りいでし心うれしさ」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ ...

白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法の解説

中学校の教科書に掲載されてもいる、若山牧水の有名な短歌代表作品「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌一覧は↓ ...

幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく/若山牧水短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法の解説

中学校の教科書に掲載されてもいる、若山牧水の有名な短歌代表作品「幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく」の現代語訳と句切れ,表現技法などについて解説します。 ・教科書掲載の短歌一覧は 教 ...

深々と人間笑ふ声すなり谷一面の白百合の花 北原白秋短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法

2018/10/25   -教科書の短歌
 

教科書に掲載された短歌から、北原白秋の代表短歌作品の現代語訳と句切れ、表現技法について記し ます。

海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり 寺山修司短歌代表作品 現代語訳と句切れ,表現技法

寺山修司は現代を代表する歌人の一人、その代表作各短歌の現代語訳と句切れ、表現技法について記します。

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.