「短歌全般」 一覧

土田耕平の短歌

目にとめて信濃と思ふ山遠し雪か積もれる幽けき光 住み慣れて心寂しも磯小立青葉する頃はわれ痩せにけり

長塚節「秋の歌」の序詞について

  長塚節の助詞について柴生田稔の興味深い記述を見つけた。

清水房雄「一去集」より

2018/02/03   -未分類, 短歌

今朝の夢に清水房雄氏が出てきた。第一歌集は読んだが、もちろん面識などはない。 土屋文明に指導を受け、宮中選者も務めた高名なアララギ派の歌人だが、あろうことかその人を訪ねに行って、歓談中私が「歌を見ても ...

犬の短歌「寒くなりし」~斎藤茂吉 戌年にちなんで

2018/02/03   -斎藤茂吉, 未分類, 短歌

斎藤茂吉にも犬を詠んだ歌がある。赤光の有名な二首「長鳴くは」「さ夜ふけと」は省いて、下のものを 寒くなりしガードのしたに臥す犬に近寄りてゆく犬ありにけり「暁光」 目のまへの売犬の小さきものどもよ成長の ...

no image

鹿児島寿蔵〜「日本の詩歌」より

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品

鹿児島寿蔵はアララギの歌人。後に紙塑人形の人間国宝に選ばれた。

長塚節の伝記小説「白き瓶」藤沢周平

2018/02/03   -文学, 未分類, 短歌

  「土」を書いた長塚節(ながつかたかし)は歌人だった。 その伝記を小説として藤沢周平が書いた「白き瓶(かめ)」という本があると知って注文してみた。

津田治子の生涯と短歌「歌人・津田治子」〜米田 利昭

2018/02/03   -歌人と作品

少し前にこの本「歌人津田治子」に出会ってからしばらく、津田治子の歌とその周辺の本を当たっていた。津田の歌の魅力は、当初の「歌人津田治子」の中に余さず述べられている。 他にも当時の土屋文明のハンセン病施 ...

字あまり・字足らず・句割れ・句またがりの韻律「韻律から短歌の本質を問う」より2

2018/02/03   -本・歌集, 短歌

「字あまり」「字足らず」「句割れ」「句またがり」についての解説です。 「韻律から短歌の本質を問う」に掲載の短歌を元に解説します。

no image

明石海人「白描」

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品

霧らひつつ入る日の涯はありわかぬ家並(やなみ)を罩(こ)めて灯りそめたり陸橋を揺り過ぐる夜の汽車幾つ死したくもなく我の佇む咳くは父が声なりかかるさへ限りなる夜のわが家にふかむ駅のまへえのきの梢(うれ) ...

藤島秀憲短歌集『すずめ』から

2018/02/03   -歌人と作品

藤島秀憲さんの短歌集『すずめ』から作品の抜粋です。 身近なことを題材にしながらも、美しい短歌です。 介護を題材にした作品については、こちらにもありますが、介護の短歌  藤島秀憲『すずめ』息子が一人で父 ...

no image

土屋文明『往還集』『山谷集』鶴見臨港鉄道他『六月風』

休暇となり帰らずに居る下宿部屋思はぬところに夕影のさす 冬至過ぎてのびし日脚にもあらざらむ畳の上になじむしづかさ

命のビザ杉原千畝の夫人杉原幸子の歌集『白夜』

2018/02/03   -未分類, 短歌

杉原幸子、ビザ交付事件の杉原千畝の夫人が当時の状況を歌にして残していたという。 歌誌「アララギ」の同人として短歌を投稿されていたと読んだ。 ナチスに追われ逃れ来しユダヤ難民の幾百かの眼がわれを凝視(み ...

根岸庵 ゆく春~長塚節初期の短歌

小説「土」の作者でもある家人長塚節の作品を年代順に追います。 これはその初回。

『吹雪く尾根』~吉村睦人と小谷稔「吉村睦人論」より

豌豆の花早咲くといふ手紙無ければ昨日自殺してゐた 遠く鳴るサイレンの音に目をさまし再び君を激しく思ふ 吹雪く尾根をつぶての如く越えてゆきし二羽の小鳥は幻影だったかも知れぬ 先日の歌会の折、吉村先生は「 ...

あめつちにわれひとりゐてたつごとき 「万葉調の良寛調」会津八一の短歌

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品, 短歌

会津八一を知ったのは、吉野秀雄が師事した歌人であるとのつながりからだった。

其子等に捕らへられむと母が魂蛍となりて夜を来たるらし 窪田空穂

2018/02/03   -未分類, 歌人と作品, 短歌

窪田空穂(うつぼ)の歌が今日の新聞に載っていた。子どもの歌をたくさん残したという。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.