「斎藤茂吉の生涯」 一覧

斎藤茂吉と交流があった歌人と文学者たち アララギ人物相関図

斎藤茂吉の周囲にはどのような歌人や文学者がいたのでしょうか。 アララギの島木赤彦や、伊藤左千夫はもちろんのこと、森鴎外や芥川龍之介とも深い交流がありました。 斎藤茂吉と親交のあった人々を一覧にまとめま ...

斎藤茂吉と終戦の日の短歌 新島ゆ疎開せる翁とつれだちて天皇のみこゑききたてまつる

2021/08/16   -斎藤茂吉の生涯

斎藤茂吉は玉音放送を詠んだ短歌の他、終戦の日にも心境を表す歌をよんでいます。 斎藤茂吉は、終戦をどのように受け止めたのか、短歌と茂吉自身の記述から探ります。

斎藤茂吉と古泉千樫 アララギの友人でもっとも親密な交流

古泉千樫(こいずみちかし)はアララギ派の歌人で、斎藤茂吉とはもっとも親しい友人でもありました。 古泉千樫と斎藤茂吉の交流と、古泉千樫を詠んだ短歌をご紹介します。

伊藤左千夫は斎藤茂吉の短歌の師 アララギ歌人を育てた業績

伊藤左千夫は斎藤茂吉の短歌の師、先生にあたります。 7月30日、左千夫忌の日めくり短歌は、伊藤左千夫と斎藤茂吉とアララギの他の歌人、関わりと交流について記します。

斎藤茂吉と芥川龍之介の深い交流 『赤光』を絶賛

斎藤茂吉と芥川龍之介は文学者として親交があった他、斎藤茂吉は芥川の主治医でもあり、芥川の逝去後は挽歌を詠んでいます。 斎藤茂吉と芥川龍之介との交流と関係について記します。

斎藤茂吉と森鴎外 観潮楼歌会を開いた理由

森鴎外は斎藤茂吉とも親交があった文学者です。また、森鴎外も医師であったことから、精神科医であった斎藤茂吉は鴎外を尊敬していたとも伝えられています。 斎藤茂吉と森鴎外との関わりについてお知らせします。

斎藤茂吉記念館の場所と展示内容 みゆき公園内歌碑

2021/06/29   -斎藤茂吉の生涯

斎藤茂吉記念館、正しくは、公益財団法人齋藤茂吉記念館、山形県にある斎藤茂吉に関する資料や展示が行われているところです。 斎藤茂吉記念館の場所と展示物、周辺の観光と合わせてお知らせします。

斎藤茂吉の死因は心臓喘息 晩年の病気など

2021/06/21   -斎藤茂吉の生涯

藤茂吉の忌日は、2月25日、茂吉忌と呼ばれています。 斎藤茂吉の亡くなった原因、死因は「心臓喘息」というものです。 斎藤茂吉の逝去と死因についてです。

斎藤茂吉の作品と生涯 特徴や作風「写生と実相観入」

2019/02/25   -斎藤茂吉の生涯

斎藤茂吉は日本を代表するアララギ派の歌人、教科書にも掲載される短歌「死にたまふ母」の作者です。 斎藤茂吉の代表作短歌と作風の特徴である「写生」や「実相観入」を解説します。

error: Content is protected !!

Copyright© 斎藤茂吉の短歌研究 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.