「 万葉集一首鑑賞 」 一覧

新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事/大伴家持/万葉集解説

2019/04/29   -万葉集
 

「新しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事」大伴家持作の万葉集の有名な短歌を鑑賞、解説します。 大伴家持は、令和序文作者大伴旅人の息子に当たり、万葉集の編纂をした歌人の一人と言われています。

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ/柿本人麻呂/万葉集解説

2019/04/27   -万葉集
 

東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ、柿本人麻呂作、万葉集の有名な和歌を鑑賞、解説します。

春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山/持統天皇/万葉集解説

2019/04/27   -万葉集
 

「春過ぎて夏来るらし白たへの衣干したり天の香具山」持統天皇作、万葉集の代表的な和歌を鑑賞、解説します。

あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る/額田王の有名な問答歌

2019/04/27   -万葉集
 

「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」額田王作の万葉集の有名な和歌です。 万葉集の代表的な歌人の一人額田王の「蒲生野問答歌」を鑑賞、解説します。

「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」山上憶良 子等を思う歌 子どもの短歌

「銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも」山上憶良作の万葉集「子等を思う歌」のもっとも有名な短歌と序文の現代語訳と解説、鑑賞のポイントを掲載します。

憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむそ 山上憶良 現代語訳解説,表現技法,句切れ

「憶良らは今は罷らむ子泣くらむ それその母も我を待つらむそ」山上憶良作の万葉集のもっとも有名な短歌の現代語訳と解説、鑑賞のポイントを掲載します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.