「 与謝野晶子 」 一覧

海恋し潮の遠鳴りかぞえては少女となりし父母の家/句切れと意味与謝野晶子

「海恋し潮の遠鳴りかぞえては少女となりし父母の家」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

何となく君に待たるるここちして出でし花野に夕月夜かな 与謝野晶子表現技法

「何となく君に待たるるここちして出でし花野に夕月夜かな」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな/与謝野晶子表現技法

「その子二十櫛にながるる黒髪のおごりの春のうつくしきかな」 与謝野晶子の有名な短歌代表作品の現代語訳と意味、句切れと修辞、文法や表現技法などについて解説、鑑賞します。

与謝野晶子『みだれ髪』「春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ」

2018/10/05   -歌人と作品
 

与謝野晶子「みだれ髪」は、夫となる与謝野鉄幹との愛の記録でもあります。 その視点から与謝野晶子の「みだれ髪」で、鉄幹と結ばれるまでの愛の短歌を時間順に現代語訳を当ててご紹介します。

与謝野晶子短歌代表作「やは肌の」の「道を説く君」とは誰?

2018/06/11   -歌人と作品
 

与謝野晶子の短歌で有名な晶子の代表作、「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」の「君」は、誰のことを指すのでしょうか。 私は長らく、特定の人ではなく、世の一般の人に向けてなのだろうと ...

与謝野晶子 19歳の未発表短歌発見「よひよひに天の川なみこひながめ恋こふらしとしるらめや君」

2018/06/01   -ニュース
 

与謝野晶子の未発表の短歌が見つかったことが報道されました。 19歳の時の歌ということにも驚きますが、手紙の文字も大変に達筆でした。与謝野晶子の新しく見つかった短歌はどんなものでしょうか。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.