「 若山牧水 」 一覧

「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」若山牧水の代表作短歌の解釈

2018/10/12   -短歌
 

こんにちは。まるです。 若山牧水の代表作短歌「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」、私は今までこの白鳥は空を飛んでいると思っていましたが、皆さんはどう思われていましたか。 その「解釈」 ...

『牧水の恋』俵万智著 山を見よ山に日は照る海を見よ海に日は照るいざ唇を君

2018/10/06   -本・歌集, 短歌
 

こんにちは。まるです。 今日の朝日新聞の書評に俵万智さんの書いた、若山牧水の本が紹介されていました。

若山牧水の秋の短歌二首 白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけれ

2018/09/17   -短歌
 

こんにちは、まるです。 家の脇に不思議な虫を見つけたので写真に撮りました。これまで一度も見たことのない虫です。 皆さんは何という虫かご存知ですか。 調べてみたら、「アオマツムシ」というのだそうです。 ...

若山牧水と園田小枝子の恋愛と作品への影響 歌集「海の声」「別離」

2018/03/13   -歌人と作品
 

若山牧水には若山喜志子と結婚する前にも恋愛の経験がありました。その時の相手、園田小枝子との交流に際して詠んだ短歌作品は、いずれもよく知られている有名なものばかりです。 牧水の恋愛が作品にどう影響したか ...

幾山河越えさり行かば寂しさの終てなむ国ぞ今日も旅ゆく 若山牧水

2018/02/13   -歌人と作品
 

昨日12日の朝日歌壇の最後の投稿歌に「海の旅山の旅せしかの酒仙甘納豆をも好みしという」というものがあった。 さては、若山牧水か。甘納豆が好きだったとは初耳だとも思いながらさっそく調べてみたが、どうもネ ...

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.