斎藤茂吉

斎藤茂吉の春彼岸の短歌【日めくり短歌】

更新日:

斎藤茂吉が彼岸を詠んだ短歌には、よく知られた有名なものがあります。

きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の春彼岸の短歌をご紹介します。 

春彼岸と春分

「彼岸(ひがん)」とは、日本の「雑節」の一つで、春彼岸は、春分(3月20日頃)の前後各3日を合わせた各7日間をいいます。

仏教では「彼岸会」の行事があり、一般には墓参りが行われます。

斎藤茂吉は、生家の隣が寺であり、その和尚に教育を授かったこともあって、仏教を身近に感じながら育ちました。

それ以上に、「春」とその兆しを表す言葉として、「春の彼岸」「春彼岸」という言葉を詠み込んだ歌を詠んでいます。

 

春彼岸の寒き一日をとほく行く者のごとくに衢を徒歩す

作者と出典:斎藤茂吉 歌集『暁紅』

解説と鑑賞

『暁紅』にある一首。

「春彼岸」の春とはいっても、まだまだ寒いこの日。

「とほく行く者のごとくに」の修辞にポイントがあります。

実は近くにしか行かないのに、心の浮き立つ春であればこそ、どこか遠い町まで出かけていくかのように、息颯爽と街を歩く作者の心境が表れています。

 

春彼岸に吾はもちひをあぶりけり餅は見てゐるうちにふくるる

作者と出典:斎藤茂吉 『白き山』

解説と鑑賞

春の彼岸に餅を焼く、特に因果関係はありませんが、餅が膨らむことが、あたかも春の訪れのように思えるのです。

あるいは、「春彼岸の日に焼く餅はよく膨らむ」と言われたとしても、何となく納得してしまうような、暗におもしろいつながりを持たせた歌です。

 

うつつにしもののおもひを遂ぐるごと春の彼岸に降れる白雪

作者と出典:斎藤茂吉 歌集『暁紅』

解説と鑑賞

斎藤茂吉の春彼岸の歌で最も有名な歌。

背景には、熟年の恋愛とその成就があります。

「うつつにしもののおもひを遂ぐる」というのは、春に思いがけなく雪が降ったことと、作者自身の願いが叶うこととを重ねています。

ほのかな恋情の漂う、美しい歌です。

 

すこやかに家をいで来て見てゐたり春の彼岸の最上川のあめ

作者と出典:斎藤茂吉『白き山』

解説と鑑賞

斎藤茂吉は、疎開後に長く肋膜炎の病気をしており、療養中も最上川の歌をたくさん詠み、病がいえるとまた最上川に出かけて行きました。

北国の長い冬もようやく春になる兆しを持つのが、春の彼岸の日。

その日に、春の明るく弱い雨が最上川に散るように降るのを眺める作者。

「春の彼岸に降れる白雪」ほどのインパクトはありませんが、「雨」には北国ならではの暖かさも感じられます。

「あめ」がひらがなであるところにも注意して味わってみてください。

 

きょうの日めくり短歌は斎藤茂吉の春の彼岸の短歌をご紹介しました。

・ブログに更新をしない日でも、ツイッター@marutankaで「日めくり短歌」をツイートしていますのでご覧ください。

・日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題







tankakanren

-斎藤茂吉
-

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.