maru2

たらの芽を摘みつつ行けり山かげの道ほそりつつ寂しく行けり「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/10/1  

たらの芽を摘みつつ行けり山かげの道ほそりつつ寂しく行けり 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から其の4の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

山腹にとほく燃ゆる火あかあかと煙はうごくかなしかれども「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/23  

山腹にとほく燃ゆる火あかあかと煙はうごくかなしかれども斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から其の4の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

はるけくも峽のやまに燃ゆる火のくれなゐと我が母と悲しき「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/23  

はるけくも峽のやまに燃ゆる火のくれなゐと我が母と悲しき 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から其の4の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

ほのかなる花の散りにし山のべを霞ながれて行きにけるかも「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/6  

ほのかなる花の散りにし山のべを霞ながれて行きにけるかも 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から其の4の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

火のやまの麓にいづる酸の湯に一夜ひたりてかなしみにけり「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/2  

火のやまの麓にいづる酸の湯に一夜ひたりてかなしみにけり 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から其の4の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

山かげに消のこる雪のかなしさに笹かき分けて急ぐなりけり「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/2  

山かげに消のこる雪のかなしさに笹かき分けて急ぐなりけり 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から「其の4」の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

斎藤茂吉について

2022/9/7  

斎藤茂吉は日本を代表するアララギ派の歌人で、教科書にも掲載される短歌「死にたまふ母」の作者としてよく知られています。 斎藤茂吉がどのような歌人なのかをまとめます。 スポンサーリンク

ふるさとのわぎへの里にかへり来て白ふぢの花ひでて食ひけり 「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』 

2022/7/26  

ふるさとのわぎへの里にかへり来て白ふぢの花ひでて食ひけり 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から「其の4」の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

斎藤茂吉「死にたまふ母」全短歌作品 現代語訳付き解説と鑑賞

2022/10/1  

斎藤茂吉「死にたまふ母」全作品59首に現代語訳と解説を添えて掲載します。 「死にたまふ母」は斎藤茂吉の短歌集『赤光』の代表作品です。 スポンサーリンク

酸き湯に身はかなしくも浸りいて空にかがやく光を見たり「死にたまふ母」斎藤茂吉『赤光』

2022/9/2  

酸き湯に身はかなしくも浸りいて空にかがやく光を見たり 斎藤茂吉の歌集『赤光』「死にたまふ母」から「其の4」の短歌に現代語訳付き解説と観賞を記します。 スポンサーリンク

error: Content is protected !!