斎藤茂吉

斎藤茂吉の税申告の短歌 財務の日【日めくり短歌】

更新日:

税申告について詠んだ斎藤茂吉の短歌があります。歌人であり病院の院長職を務めた斎藤茂吉ならではの題材です。

財務の日にちなみ、斎藤茂吉の税金と税申告の短歌をご紹介します。

税申告と斎藤茂吉

斎藤茂吉といえば、歌人である他に、正業として精神科医であり、精神病院の院長職も務めています。

青山脳病院は後に火災で焼けてしまいますが、残った写真を見ると、養父の趣味でコリント様式のギリシャ神殿かと思うくらい、たいへんに大きな病院でした。

医師も複数勤務しており、斎藤茂吉は当初は勤務医、その後院長職となり、戦後の税制の変化に対応を余儀なくされました。

関連記事:
斎藤茂吉の作品と生涯 特徴や作風「写生と実相観入」

 

新しき源泉課税の拡(ひろが)りをおもひ居りつつ廻診(かいしん)すます

1940年、給与所得に対する源泉徴収制度が始まりました。

当時、茂吉は、病院長を務めており、責任者ですので、患者の回診をしながらも、申告のことが頭を離れなかったようです。

 

外套のまま部屋なかに立ちにけり財申告のことをおもへる

現在の申告納税制度が始まったのは47年。

占領下の民主化政策により、税務署が納税額を決定する賦課課税を廃止し、この年から、日本で初めて財産税の申告というのが始まりました。

外套を脱ぐ間もなく立ったまま考えているというのですから、新しい制度が悩みの種となったのでしょう。

 

税務署へ届けに行かむ道すがら馬に逢(あ)ひたりあゝ馬のかほ

税申告の書類を届けに行った時の事。

大病院なので、もちろん事務長はいますが、この歌を見ると、自ら対応の必要があったようです。

税務官に会う前の馬の顔ということですが、ちなみに茂吉にとっては、馬は自身の好きな動物ですが、滑稽な味わいがあるのは言うまでもありません。

偉大な歌人が詠んだというところが、なお面白みを加えています。

 

茂吉われ院長となりていそしむを世のもろびとよ知りてくだされ

歌集『石泉』には、上の歌、「私茂吉は院長となって、その仕事にいそしんでいるのを、世の中の皆様よ知ってくださいよ」という歌もあります。

優雅に歌人として短歌ばかりを詠んでいるのではないよ。それ以上に忙しく立ち働いている。その傍らに、歌も詠んでいるということを自ら述懐するような短歌です。

今では副業はめずらしいことではなくなりましたが、激務で実務の院長職と文学者の二つのアイデンティティーを持っていた茂吉。

茂吉は一時期アララギの運営にも関わったようですが、継続しなかったのは、それ以上の雑務は引き受けられなかったためだと思います。

忙しさの中でも、生涯で18千首の歌を詠んだ斎藤茂吉。

その人が、実務を立派に果たしており、自らもそれを誇りに思っていたというところも、また興味深いところであります。

きょうの日めくり短歌は、財務の日にちなんで、斎藤茂吉の税金の短歌をご紹介しました。

 

・ブログに更新をしない日でも、ツイッター@marutankaで「日めくり短歌」をツイートしていますのでご覧ください。

・日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題







tankakanren

-斎藤茂吉
-

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.