つゆじも

斎藤茂吉の桜島の短歌と歌碑 開聞のさやかに見ゆるこの朝け桜島のうへに雲かかりたる

更新日:

斎藤茂吉の桜島を詠んだ短歌と、有名な歌碑についてお知らせします。

きょう1月12日は桜島の日。この日は桜島の噴火のあった日です。

スポンサーリンク





斎藤茂吉と長崎・九州

斎藤茂吉は、大正7年に長崎の医大に赴任、その後、念願の欧州留学に至るまでの間を、九州、長崎で生活していました。

大正10年に九州旅行。

その際に桜島を詠んだ一連の歌があります。

開聞(かいもん)のさやかに見ゆるこの朝け桜島のうへに雲かかりたる

開聞というのは、開聞岳のこと。

薩摩富士とも呼ばれる、たいそう美しい姿の山です。

その山々が澄み渡って見える朝、桜島の上の方には、雲がかかっているという様子をそのままに詠んだものです。

また、桜島の噴火のあとを

桜島は黒びかりしてそばだちぬ溶巌(ようがん)ながれしあとはおそろし

観察したそのままを歌に写し取っています。

 

開聞岳の斎藤茂吉歌碑

開聞岳の歌は、他に歌集『のぼり道』の方に

開聞は円(まど)かなる山とわたつみの中より直に天に聳えけれ

があります。

この歌は、開聞岳の登山口に立つ歌碑に刻まれています。







-つゆじも

error: Content is protected !!

Copyright© 斎藤茂吉の短歌研究 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.