茂吉一首鑑賞 赤光

蚊帳のなかに放ちし蛍夕さればおのれ光りて飛びそめにけり 斎藤茂吉短歌代表作『赤光』

更新日:

斎藤茂吉「赤光」から主要な代表歌の解説と観賞です。このページは現代語訳付きの方です。

「赤光」一覧は 斎藤茂吉「赤光」短歌一覧 現代語訳付き解説と鑑賞 にあります。
「死にたまふ母」は別ページ「死にたまふ母」全59首の方にあります。

スポンサーリンク

歌の意味と現代語訳

蚊帳のなかに放ちし蛍夕さればおのれ光りて飛びそめにけり

【現代語訳】
捕えてきて蚊帳の中に放した蛍が、夕方になってひとりでに光って飛び始めたのだよ

【出典】
「赤光」3蛍と蜻蛉(とんぼ) 明治39年作

【歌の語句】
放ちし……基本形は「放つ」。意味は「はなす」
  助動詞「し」の基本形は「き」。過去の助動詞。
蚊帳…蚊などの害虫から人などを守るため、部屋の中に吊り下げて使う大きな網。夏の夜は、現代のように網戸というものがなかったため蚊を避けるため、その中に入って寝た。
夕されば…連語 夕方になれば、夕方になって
おのれ…自分、おのずと
飛び初めにけり…飛ぶ+そむ(初む)の複合動詞。飛び始める
けり…詠嘆の助動詞 《接続》活用語の連用形に付く。
〔詠嘆〕…だった。…だったのだなあ。…ことよ。
語法(1)詠嘆の「けり」それまで気付かずにいたことに初めて気付いた気持ちを表す用法。その驚きが強いとき、詠嘆の意が生ずる。断定の助動詞「なり」と重ねて、和歌に好んで用いられた。

【表現技法】
句切れなし
蛍の後には、主格の助動詞「は」「が」「の」に当たるものが省略されている。

 

解釈と鑑賞

解釈と鑑賞を記します。

習作期の題材「虫」

斎藤茂吉の短歌には、虫を詠んだものが多くある。この一連は「蛍と蜻蛉」の題名であり、蛍の他に、蜻蛉(とんぼ)が並べて詠われている。

また、伊藤左千夫に師事後に、新聞「日本」に課題歌に投稿をしたときの、課題も「虫」であった。

「赤光」はもっとも最初の歌が明治38年、この歌が39年になるので、斎藤茂吉のもっとも初期のもので、茂吉はこの時24歳で、歌作を始めたばかりであり、まず身近に目に入る「虫」を題材に取ったと考えられる。

孤独のモチーフとセットの「虫」

また、茂吉は山形県の農村に生まれたので、幼い頃から虫は馴染みの深いものであった。

さらに、東京では茂吉は養子の候補として、家族とは離れて暮らしていたのであり、養親はいたが、実質的な養子になれるかどうかもまだ定まらず、孤独を感じながら生活していた。

おそらく、そのような家族とも言いがたい人間関係の中で、虫は茂吉にとってもっとも身近な物であり、話し相手のいない茂吉が唯一相対できるものでもあり、時には自分自身の分身のようなものであったのだろう。

明治44年の作品には、「少年の流されびとをいたましとこころに思ふ虫しげき夜に」というのがあり、この「少年の流されびと」というのは、やはり郷里を遠く離れた自分自身のことだろうが、この「流されびと」の孤独のモチーフが、やはり「虫」とセットのイメージになっているのが見て取れる。

後年になってもこのような心境は途切れずに、昭和二十四年刊行の歌集『小園』にも「うつせみのわが息息を見むものは窗にのぼれる蟷螂ひとつ」という歌がある。

 

次の歌

月落ちてさ夜ほの暗く未だかも弥勒は出でず虫鳴けるかも

【現代語訳】
月が落ちてほの暗い夜だが、まだ仏の姿は見えないで、虫だけが鳴いているのだなあ

【出典】
「赤光」5虫 明治40年

【歌の語句】
三句のかもは疑問の「か」と「助詞」も
結句の「かも」・・・詠嘆の助詞 「だなあ」

【表現技法】
三句と結句の「かも」で韻を踏んでいる。

解釈と鑑賞

「弥勒は出でず」と反語的に「弥勒」の存在を暗示する想像がある。
「弥勒」は釈迦入滅後56億7千万年にこの世に出現して、一切衆生を済度する菩薩。
救いのないような暗黒の夜から連想が動いて「弥勒は出でず」と言った。

「赤光」という阿弥陀経の言葉の歌集題名は言うに及ばず、幼い頃から仏教に親しんだ茂吉の性向は、折に触れて歌の中に見え隠れし、それが各歌に独特のニュアンスを添えることとなった。

またこの頃の作品には、初期の空想的傾向がみられる。

なお、初期歌稿によると「原作の一二句は『現しき世月読や落ち」となっており、それを「月落ちてさ夜ほの暗く」と左千夫が添削していることがわかる。」(佐藤佐太郎「茂吉秀歌」)

 

次の歌

かへり見る谷の紅葉の明(あき)らけく天(あめ)にひびかふ山がはの鳴り

【現代語訳】
振り返って見る谷の紅葉は明るく、山の川の流れる音が谷底から空に向かって鳴り響いている。

【出典】
「赤光」塩原行 明治41年作

【歌の語句】
かへりみる・・・振り返って見る
明らけし・・・形容詞 明るいの意味
天・・・「てん」と読む場合と、「あめ」の読みとがあるが、ここでは「あめ」と読みがながある。
ひびかう・・・響く

【表現技法】
倒置法 体言止め

解釈と鑑賞

「山がはの鳴り」は、とどろく川音を名詞にして、簡潔に安定せしめた結句である。(「茂吉秀歌」佐藤佐太郎)

「天にひびかう」が、谷の深さと山の高さの空間の大きさを暗示する。
また、結句は「山がはの鳴り天にひびかふ」と「天にひびかふ山がはの鳴り」とを読み比べて比較したい。

-茂吉一首鑑賞, 赤光

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.