「白桃」 一覧

no image

陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ 斎藤茂吉の蔵王の短歌

2021/04/13   -白桃

陸奥をふたわけざまに聳えたまふ蔵王の山の雲の中に立つ 斎藤茂吉の歌碑にも記された蔵王の短歌、斎藤茂吉の故郷の山、蔵王を詠んだ歌をご紹介します。

no image

たえまなく激ちのこゆる石ありて生なきものをわれはかなしむ 斎藤茂吉

2020/11/14   -白桃

たえまなく激(たぎ)ちのこゆる石ありて生(しょう)なきものをわれはかなしむ 斎藤茂吉 斎藤茂吉の第10歌集「白桃」は戦前に名を成した名歌集の一つ、そこから主要な代表作の短歌の現代語訳、解説と観賞を記し ...

虹たちし空もありつつ北ぐにのとほき横手のかたに雨降る 平福百穂を詠んだ斎藤茂吉の短歌

2020/10/30   -白桃
 

平福百穂(ひらふくひゃくすい)の命日は10月30日のきょう、平福百穂は日本画家ですが、アララギ派の歌人でもあり、斎藤茂吉をはじめ島木赤彦、中村憲吉他のアララギ派の歌人と交流、大きな影響を与えました。 ...

木立より雪解のしづく落つるおと聞きつつわれは歩みをとどむ 斎藤茂吉『白桃』

2020/09/23   -白桃

木立より雪解のしづく落つるおと聞きつつわれは歩みをとどむ 斎藤茂吉『白桃』から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 斎藤茂吉の第一歌集『赤光』一覧は 斎藤茂吉『赤光』短歌 ...

ただひとつ惜しみて置きし白桃のゆたけきを吾は食ひをはりけり/斎藤茂吉短歌代表作『白桃』

2018/10/17   -白桃

「ただひとつ惜しみて置きし白桃のゆたけきを吾は食ひをはりけり」斎藤茂吉『白桃』から主要な代表歌の解説と観賞です。 このページは現代語訳付きの方です。 斎藤茂吉の第一歌集『赤光』一覧は 斎藤茂吉『赤光』 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 斎藤茂吉の短歌研究 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.