佐太郎の斎藤茂吉解説

 

斎藤茂吉の短歌より代表作に一首ずつ、佐藤佐太郎が解説、表現技法や、鑑賞のポイントを書き加えたものをまとめました。

佐藤佐太郎は、斎藤茂吉の門人、弟子だった人で、その解説は、鑑賞のポイントを的確に示す上で優れていると同時に、師の作品への深い理解と尊敬に基づいたものです。

斎藤茂吉の作品をよりよく理解するために、代表作と対照の上お読みになることをおすすめします。

スポンサーリンク

「斎藤茂吉三十首鑑賞」他から

斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説(上)「赤光」「あらたま」解説 佐藤佐太郎
斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説  (下)[あらたま」「白き山」解説 佐藤佐太郎

出典は記載のない部分は「斎藤茂吉三十首鑑賞」からです。
その他の出典は、引用の末尾に記載しています。

 

茂吉秀歌より抜粋したもの

岩波書店刊「茂吉秀歌」から抜粋をまとめたものです。
この本は、今では絶版で手に入りにくくなっています。

斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」1赤光・ あらたま
斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」2つゆじも・ともしび
斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」3たかはら・白桃・暁光
斎藤茂吉の短歌の鑑賞と解説「茂吉秀歌」4暁紅・白き山・つきかげ

 

歌集についての解説他

歌集の評や解説などです。

斎藤茂吉「赤光」「あらたま」歌集の評と解説について~佐藤佐太郎
単純化についての説明と解説~斎藤茂吉の記述から 佐藤佐太郎

佐藤佐太郎について

さとうさたろう【佐藤佐太郎】 1909‐87(明治42‐昭和62)
歌人。宮城県大河原町に生まれ、幼少時代を茨城県平潟町で過ごし、上京して岩波書店店員となる。1927年初めて斎藤茂吉に会い、その門人となる。都会生活に沈湎(ちんめん)する青春のメランコリーと、社会全体を浸す1930年代の鬱屈した時代的空気とを鋭敏繊細な感覚でとらえ、処女歌集《歩道》(1940)によって早くも歌壇の新しい旗手としての地位を確立した。

茂吉の唱える〈短歌写生説〉の実行をめざした属目(しよくもく)は詠嘆に間違いないが、内向的な資質にも導かれ、《しろたへ》(1944)、《立房》(1947)、《帰潮》(1952)など各歌集ごとに自然観照を深めていき、しばしば周囲から社会性や歴史感覚の欠如を批判されながらも、頑固に自己歌境を守りつづけ、老年期に及んでからは漢詩的世界に自在の境地を見いだした。

佐藤佐太郎の言葉

私は斎藤先生に師事し、念々に先生の歌にまねんで薫染せんことを希(ねが)つてゐる。それゆえ私の歌は先生の模倣に終始するものと謂っていい。

「薫染」とは、香気が他に染み込むところから、よい感化を受けるという意味ですが、「模倣」でよいとする、そのような謙虚な心持ちをもって、佐太郎は茂吉に師事したのでした。

歌を詠む上で、そのような師に巡り合うとは、間違いなく一つの幸せであったろうと思います。いつもこの箇所を思い出すと、尊くうらやましい気持ちになります。

 

更新日:

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.