日めくり短歌

夜ふけてねむり死なむとせし君の心はつひに氷のごとし 芥川龍之介河童忌の短歌【日めくり短歌】

更新日:

芥川龍之介の命日、河童忌は今日は7月24日です。

斎藤茂吉は医師としても、文学仲間としても芥川龍之介と交流がありました。

きょうの日めくり短歌は、河童忌にちなむ短歌として、斎藤茂吉の芥川龍之介を詠んだ歌をご紹介します。

スポンサーリンク





夜ふけてねむり死なむとせし君の心はつひに氷のごとし

上の短歌の「君」というのが、芥川龍之介のこと。

歌の作者は、芥川龍之介の主治医でもあった斎藤茂吉です。

芥川龍之介の死因は、睡眠薬での服毒自殺であったので、上の歌の「ねむり死なむ」というのは、その意味です。

上の短歌は、芥川の号である「澄江堂の主をとむらふ」という詞書がついて、斎藤茂吉の歌集『ともしび』に所収されています。

精神科医斎藤茂吉が主治医も

斎藤茂吉と芥川龍之介の関係は深く、精神科医であった茂吉に芥川が病状を相談、薬の処方を受けたとされています。

死因が服毒自殺だったので、全部が自分の出した薬ではなかったとしても、茂吉としては大変な衝撃を受けました。

「赤光」を絶賛した芥川龍之介

他に、文学的なかかわりでは、芥川龍之介は

「僕の詩歌に対する眼は誰のお世話になつたのでもない。斎藤茂吉にあけて貰つたのである」

として、斎藤茂吉の第一歌集「赤光」を絶賛するなど、相互に敬愛を示していました。

長崎で斎藤茂吉を訪問

大正8年に、芥川が長崎に旅行をしたときに、その時長崎の医学専門学校(今の長崎医大)に赴任していた斎藤茂吉を訪ねたというエピソードもあります。

他にも、かげろうに芥川を重ねた短歌が

壁(かべ)に来て草かげろふはすがり居(を)り透きとほりたる羽(はね)のかなしさ

斎藤茂吉も芥川を折々に偲んでいたことがうかがえます。

芥川龍之介の命日「河童忌」の俳句・短歌

日めくり短歌一覧はこちらから→日めくり短歌

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

アマゾンで無料で短歌の本が読める!
アマゾンKindleアンリミテッドで無料本







tankakanren

-日めくり短歌

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.