赤光

よる更けてふと握飯くひたくなり握飯くひぬ寒がりにつつ 斎藤茂吉

よる更けてふと握飯くひたくなり握飯くひぬ寒がりにつつ 斎藤茂吉の短歌集『赤光』にあるおもしろい作品です。

斎藤茂吉の握飯の短歌をご紹介します。

スポンサーリンク




よる更けてふと握飯くひたくなり握飯くひぬ寒がりにつつ

作者と出典

斎藤茂吉 『赤光』大正元年 「犬の長鳴」

一首の意味

夜遅くなって、ふとおにぎりが食べたくなり、握飯を食べた、寒がりながら。

 

解説と鑑賞

意味は夜遅くなって仕事をしていた作者が、空腹を覚えて、自ら台所に行って、おにぎりをこしらえて食べた、という場面。

斎藤家には女中もいますが、もう休んでいる夜更けのことです。

おそらく、自分でおにぎりをさっとこしらえたと思われます。

人の寝静まる頃ですので、台所には火が入っていない。「寒がりにつつ」が臨場感があります。

この歌の次に

われひとりねむらむとしてゐたるとき外(そと)はこがらしの行くおときこゆ

があります。

「われひとり」というのは、他の人が皆寝静まっている、そして、自室には自分ひとりである。

そういう時に聞こえてくるのは、人の寝息や物の音ではなくて、ただ、木枯らしの音だけ。

斎藤茂吉は婿養子候補として斎藤家に入ったものの、まだこの頃は婿となることが定まらず、妻てる子とは同じ敷地内の別々の建屋に暮らしていたようです。

さびしくも、夜中の台所で一人おむすびを食べて、寝につく作者の姿が浮かんできます。

一連の歌

犬の長鳴

よる更けてふと握飯(にぎりめし)くひたくなり握飯(にぎりめし)くひぬ寒がりにつつ

われひとりねむらむとしてゐたるとき外(そと)はこがらしの行くおときこゆ

遠く遠く流るるならむ灯をゆりて冬の疾風(はやち)は外面(とのも)に吹けり

長鳴くはかの犬族(けんぞく)のなが鳴くは遠街(をんがい)にして火かもおこれる

さ夜ふけと夜の更けにける暗黒(あんこく)にびようびようと犬は鳴くにあらずや




-赤光

error: Content is protected !!