あらたま 茂吉一首鑑賞

しづかなる砂地あはれめりひたぶるに大き石むれてあらき川原に 斎藤茂吉『あらたま』短歌代表作品

更新日:

斎藤茂吉「あらたま」から主要な代表作の短歌の解説と観賞です。
このページは現代語訳付きの方で、語の注解と「茂吉秀歌」から佐藤佐太郎の解釈も併記します。
他にも佐藤佐太郎の「茂吉三十鑑賞」に佐太郎の抽出した「あらたま」の歌の詳しい解説と鑑賞がありますので、併せてご覧ください。
「あらたま」全作品の筆写は斎藤茂吉「あらたま」短歌全作品にあります。

スポンサーリンク

しづかなる砂地あはれめりひたぶるに大き石むれてあらき川原に

歌の意味と現代語訳
しづかなる砂の部分を大切に愛でていた。大きな石ばかりが群れて転がっている荒い川原にあって

出典
「あらたま」大正6年 19箱根漫吟

歌の語句
あはれむ……あわれむ 「かわいそうに思う」の他、ここでは 賞美する。めでる。あわれぶ
ひたぶる……ひたすらに。ひたむきに。すべて。全部。
あらき…… 基本形「あらい」。「粗い」の方。「人けがない。荒涼としている」そのような川原の様子。

表現技法
2句切れ 倒置
「砂地」の後には目的を表す「を」が省略されている

鑑賞と解釈

「箱根漫吟」は全57首。10月に箱根に滞在した折に詠まれた。作者が滞在した五段という温泉は「宮ノ下と堂ヶ島との中間にあった。これは大正12年9月の関東大震災の時、崩倒してしまい、その跡を断ったが、朝日が明星岳あたりからいでて対岸から、早雲山一帯の山を照らすのは実に美しい」とあって、作者がその場所を気に入っていたことがわかる。

前日の会談の後、10日に一人で箱根入り、下山は26日という比較的長い滞在の間に多数の佳作を含む57首は詠まれた。10月の気候の良い折の静養であり、この歌を含め、いずれものびのびとして落ち着いた歌が多い。

歌の内容は、石が大半を占める川原で、石の影に少しばかり砂があり、そこに「あはれ」を感じるといった繊細なものである。
石間の砂地なので、風に乱されたり汚されたりすることもなく、砂も乾いたままひっそりと静まっている。

大きな石に荒涼を感じ、、その石の作り出す「間」、石に隠れるかのようにして見えるわずかな砂地の静謐に、「荒涼」と対になる、ある種の慰めを見出す作者の繊細な心を感じることができる。

一連より他に佐太郎の佳作とするものは以下。

やまみづのたぎつ峡間に光さし大きいしただにむらがり居れり
石の間に砂をゆるがし湧く水の清(すが)しきかなや我は見つるに
かみな月十日山べを行きしかば虹あらはれぬ山の峡より
暗谷(くらだに)の流の上(かみ)を尋(と)めしかばあはれひとところ谷の明るさ

 

作者の解説

堂ヶ島の早川の瀬のところである。一方に大きな石が盤踞し、一方には急湍(きゅうたん)があるかとおもえば、石のかげなどには、白く乾いた砂地などがある。それがなんともいえぬ静かなものである。そこで「あはれめり」といった。(『作歌四十年』斎藤茂吉)

佐太郎の評

 この感覚は、「赤光」から晩年にわたってこの作者の傾向のひとつである。下句の確かさのなかに潜む詠嘆も注意していい。「茂吉秀歌」佐藤佐太郎

一連の歌

19 箱根漫吟
ひむがしの海の上(へ)の空あかあかとこのやまの峡間(はざま)に雨みだれふる
山がはの鳴りのひびきを吾嬬(あがつま)の家さかり来て聞けばするどし
わが親しみしものぐるひの幾人(いくたり)を心にしぬぶ山をゆきつつ
いきづめる我が目交(まなかひ)にあらはれし鷹の巣山に天つ日照れり
秋ふけし箱根の山をあゆみつつ水のべ来れば吹く風さむし
われひとり寂しく聞けり山かげに石切る音がこだまし居(を)るかな
山がはに寒き風ふき大石のむらがれるかげにひとりわが居つ
さかさまに山のみねよりながれくるさぎりの渦をまともにか見む
現るる高山の襞くろぐろとうねりゆきつつ息つくごとし
ふかきはざまの底ひに立ちて天つ日をかなし命のまにまにも見む
ちり乱るる峡間の木の葉きぞの夜のあらしの雨に打たれけるかも
山川の成りのまにまに険(こご)しきを踏み通りつつ狭霧に濡れぬ
たたなはる八峰(やつを)の上を雲のかげ動くを見れば心すがしも
さやかなる空にか黒き山膚はうねりをうちて谿にかくろふ
むらぎものみだれしづまらず峡ふかくひとりこもれど峡の音(と)かなし
やまみづのたぎつ峡間に光さし大きいしただにむらがり居れり
かみな月十日山べを行きしかば虹あらはれぬ山の峡より
前山はすでにかげるに奥山はいまあかあかと照りにたらずや
おのづからめぐりあふ山のながれみずいよいよ細し山ふかみつつ
ま澄空(すみぞら)にさやかに照れる高山の谿ふかぶかと陰をつくりぬ
ゆふぐれのをぐらきに入りて谿ぞこに石なげうてば谿木精(こだま)すも
目のもとのふかき峡間は朝霧の満ちの湛(たた)へに飛ぶ鳥もなし
くろがねの色に照り立つ高山の尾ぬれは深く谿にしづめり
峰向(をむかひ)を人のゆく見ゆしみじみと見ゆる山道も照りかげりつつ
あまつ日の光をうけし厳(いか)し山うねりをうちて山襞くらし
白なみの立ちてながるる早川の丘のべのみちにわれはつかれぬ
乳いろにたたふる霧は狭(せば)まれる山の峡間に動かぬごとし
つかれつつ赤埴路(はにぢ)ゆくわがまなかひにすでにあらはるる襞ふかき山
山ゆかば心和ぐやと来しかどもわが胸いたもみぢちりつつ
わがこころしまし空しきに暗谷(くらだに)の低空(ひくぞら)なかを鳥なき過ぎぬ
打ちなびく萱(かや)くさやまに直(ただ)向ふ青清山(あおすがやま)の尾ぬれ見えずも
たたなづく青山の秀(ほ)に朝日子の美(うづ)のひかりはさしそめにけり
湯を浴みて我は眠れりぬば玉の夜のすがらを鳴れる水おと
こほろぎのほそく鳴きゐる山上を清(さや)に照して月かたぶきぬ
大き石むらがりにけり山がはのたぎちに近くうち迫りつつ
石の間に砂をゆるがし湧く水の清(すが)しきかなや我は見つるに
宵ごとに灯(ともし)ともして白き蛾の飛びすがえるを殺しけるかな
しづかなる砂地あはれめりひたぶるに大き石むれてあらき川原に
さびしみてひとり下り来し山がはの岸の滑岩(なめいわ)ぬれてゐにけり
大石のむらがる峡(かひ)に入り来つつ心はりつめて石を見て居り
せまりつつ峡間は深し天つ日の白く照りたるはあはれなるかも
暗谷(くらだに)の流の上(かみ)を尋(と)めしかばあはれひとところ谷の明るさ
この深き峡間の底にさにづらふ紅葉ちりつつ時ゆきぬらむ
わたる日の暮れつつゆけば帰るらむ鴉は低し山峡のそら
この世のものと思へど遥にてこだま相とよむ谿に来にけり
紺ふかきりんだうの花をあがつまと道に摘みしが棄てにけるかも
山路をのぼりつめつつむかうにはしろがねの色に湖(うみ)ひかりたり
あらそはず行かしめたまへたづさはり吾妻としづかに額ふしにけり
いにしへの碓氷峠(うすひたうげ)ののぼり路(ぢ)にわれを恐れて飛ぶ小鳥あり
ここにして顧(かへ)りみすれば高山の峰はかくろふ低山のかげに
ゆうぐれの道は峡間に細りつつ崖のおみょりこほろぎのこゑ
山あざみの花をあはれみ丘貫(ぬ)きて水おち激(たぎ)つほとりにぞ来し
芦の湯に近づきぬらし波だてる高野原(たかぬはら)の上(へ)に黒き山見ゆ
薄波(すすきなみ)よる高野(たかぬ)こえきて山峡(やまがひ)はいよいよふかし我(あれ)ぞ入りゆく
乙女峠に風さむくして富士が嶺(ね)の裾野に響き砲うつを見つ
澄みはてし空の彼方にとほざかる双子の山の秋のいろはや
さびしさに我のこもりし山川をあつみ清(さや)けみまたかへりみむ

-あらたま, 茂吉一首鑑賞

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.