斎藤茂吉

歌集白桃・石泉・暁紅・小園・白き山・つきかげ他短歌解説記事一覧

更新日:

斎藤茂吉の歌集『たかはら』以降の歌集、「白桃」「石泉」「暁紅」「白き山」「つきかげ」他の歌集の代表作品と、解説のある短歌の一覧です。

斎藤茂吉の代表作短歌で、解説済みである作品は下の通りです。

各歌をクリックすると解説ページへ飛びますので、一首ずつ詳しくご覧ください。

スポンサーリンク





斎藤茂吉の『たかはら』他解説目次

斎藤茂吉の歌集『たかはら』以降の代表作短歌で、当ブログで解説のある作品は下の通りです。

各歌をクリックすると解説ページへ飛びますので、一首ずつ詳しくご覧ください。

 

斎藤茂吉の解説あり短歌記事

斎藤茂吉の解説が記してある、短歌の記事一覧です。

歌集『白桃』より

木立より雪解のしづく落つるおと聞きつつわれは歩みをとどむ 斎藤茂吉『白桃』

ただひとつ惜しみて置きし白桃のゆたけきを吾は食ひをはりけり/斎藤茂吉『白桃』

「遠雲にはつかにのこる赤光」「谷まより空にそびえし」〜斎藤茂吉「白桃」より

虹たちし空もありつつ北ぐにのとほき横手のかたに雨降る

黒林のなかに入りゆくドウナウはふかぶかとして波さへ立たず/斎藤茂吉の海外旅行詠

歌集『石泉』より

こがらしも今は絶えたる寒空よりきのふも今日も月の照りくる 斎藤茂吉『石泉』

覚悟していでたつ兵も朝なゆふなにひとつ写象を持つにはあらず「石泉」

泡立ちて湧きくる泉の香を好しと幾むすびしつけふの日和に/斎藤茂吉

歌集『暁紅』

寒くなりしガードのしたに臥す犬に近寄りてゆく犬ありにけり 斎藤茂吉【日めくり短歌】

ガレージにトラックひとつ入らむとす少しためらひて入りて行きたり 斎藤茂吉『暁紅』

鼠の巣片づけながらいふこゑは「ああそれなのにそれなのにねえ」斎藤茂吉

歌集『小園』

沈黙のわれに見よとぞ百房の黒き葡萄に雨ふりそそぐ 斎藤茂吉『小園』代表作

秋晴れの光となりて楽しくも実りに入らむ栗も胡桃も/斎藤茂吉『小園』

歌集『白き山』

ながらへてあれば涙のいづるまで最上の川の春ををしまむ 斎藤茂吉『白き山』

ひがしよりながれて大き最上川見おろしをれば時は逝くはや【日めくり短歌】

最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも 斎藤茂吉『白き山』

やまひより癒えたる吾はこころ楽し昼ふけにして紺の最上川/斎藤茂吉「白き山」

最上川の上空にして残れるはいまだうつくしき虹の断片 斎藤茂吉『白き山』

歌集『つきかげ』

わが生はかくのごとけむおのがため納豆買ひて帰るゆふぐれ 斎藤茂吉『つきかげ』

 

斎藤茂吉の歌集目次一覧

「赤光」の記事目次

死にたまふ母の記事目次

「あらたま」の記事目次

「つゆじも・遍歴・遠遊・ともしび」の記事目次


アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題
アマゾンKindleアンリミテッドで本が読み放題







tankakanren

-斎藤茂吉
-, , ,

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.