ともしび

斎藤茂吉『ともしび』短歌代表作品一覧 テキストのみ解説なし

投稿日:

斎藤茂吉の第6歌集『ともしび』の代表作品の抜粋です。便覧などにお使いください。
現代語訳と解説は代表作品を集めた『つゆじも・ともしび』短歌一覧の方にまとめましたので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク


大正十四年
帰国
かへりこし日本(にほん)のくにのたかむらもあかき鳥居(とりゐ)もけふぞ身に沁(し)む

はるかなる山べのかすみ真(ま)ぢかくに竹の林の黄(き)なるしづかさ

火難
かへり来てせんすべもなし東京(とうきやう)のあらき空気(くうき)にわれは親(した)しむ

とどろきてすさまじき火をものがたる稚児(をさなご)のかうべわれは撫(な)でたり

やけのこれる家に家族(かぞく)があひよりて納豆餅(なつとうもちひ)くひにけり

やけあとのまづしきいへに朝々(あさあさ)に生きのこり啼(な)くにはとりのこゑ

焼あと

焼あとにわれは立ちたり日は暮れていのりも絶(た)えし空(むな)しさのはて

かへりこし家にあかつきのちやぶ台(だい)に火焔(ほのほ)の香(か)する沢庵(たくあん)を食(は)む

家いでてわれは来(こ)しとき渋谷(しぶや)川(がは)に卵のからがながれ居(ゐ)にけり

随縁近作

焼けあとに湯をあみて、爪も剪りぬ

うつせみの吾(あ)がなかにあるくるしみは白(しら)しげとなりてあらはるるなり

帰雁

ひとりこもれば何ごとにもあきらめて胡座(あぐら)をかけり夜(よる)ふけにつつ

行春のあめ

ここにもほそく萌(も)えにし羊歯(しだ)の芽(め)の渦葉(うづは)ひらきて行春(ゆくはる)のあめ

湯をあみてまなこつむればうつしみの人(ひと)の寂(さび)しきや命(いのち)さびしき

近江蓮華寺行

右中山道(なかせんだう)みちひだりながはま越前(ゑちぜん)みちとふ石じるしあはれ

山なかのみ寺しづかにゆふぐれて窿応上人(りゆうおうしやうにん)は病(や)みこやりたる

ひかりさす松山のべを越えしかば苔よりいづるみづを飲むなり

さ夜なかにめざむるときに物音(ものと)たえわれに涙(なみだ)のいづることあり

閑居吟  其一
なにがなし心おそれて居(ゐ)たりけり雨にしめれる畳のうへに

Munchen(ミユンヘン)にわが居(を)りしとき夜(よる)ふけて陰(ほと)の白毛(しらげ)を切りて棄(す)てにき

午前二時ごろにてもありつらむ何か清々(すがすが)しき夢を見てゐし

閑居吟  其二
焼あとに迫(せま)りしげれる草むらにきのふもけふも雨は降りつつ

今日(けふ)の日(ひ)も夕ぐれざまとおもふとき首(かうべ)をたれて我は居(を)りにき   

-ともしび

Copyright© 短歌のこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.