ニュース

康哲虎の短歌 第34回朝日歌壇賞

更新日:

康哲虎(カン・チョルホ)さんが第34回朝日歌壇賞に選ばれたというニュース記事です。

康さんは元ボクサーという珍しい経歴です。

康哲虎の短歌をご紹介します。

スポンサーリンク




康哲虎さんの短歌

母国語と母語を隔てる日本海一度も越えず霞むふるさと

もう少し背が高ければボクシングやらなかったよ絵を描いていたよ

喪失の底にも芽生えがあることを認知症ケアの醍醐味とする

地下鉄の吹き上げる風は一瞬のボクサーの夢人込みに消ゆ

ボクサーの明日を預かるセコンドの心が投げた黄色いタオル

在日3世の方ですが、ふるさとには行かれたことがないとのこと。

子供の頃はいじめも経験したそうです。悲しいことです。

そして19歳でボクシングの世界に入りますが、網膜剥離で引退。

その後、看護師免許を取り、認知症ケア専門の看護師となられました。

朝日歌壇への投稿は3年前からなのだそうです。受賞おめでとうございます。

 

ボクサーを続けられなかったということで、「満たされない思いがわだかまる」とのことなのですが、看護師さんもありがたい立派なお仕事です。

ボクサーだったら接点がなくても、看護師さんだからこそ関われる相手もいます。

職業というのは、どんな職業でもどこかで必ず人の役に立っている、そういう尊いものなのだなと思います。

 

朝日歌壇について

朝日新聞の短歌投稿欄、朝日歌壇には、毎週訳2500通の応募があるのだそうです。新聞に掲載されるのはその内、40首です。狭き門と言われていますね。

毎週読んでいると常連さんもちらほら。

言わなければよかったひとこと理解せぬ母とはいえどわが母なれば 

近藤福代さんの介護短歌はかなり長いこと見ています。介護の様子を詠んで投稿。25年になるそうです。

(柔らかい時計)を持ちて炊き出しのカレーの列に二時間並ぶ

郷隼人さんは、アメリカの刑務所内に服役中。そこから投稿を重ねています。
関連の本も出ています。

いつもよりながくてすこしきつかったそつえんのひのせんせいのだっこ

100歳を超える投稿者がいる一方、山ぞえ葵さんは幼い常連さんなのだとか。
幼稚園生ですね。素晴らしいですね。

朝日歌壇投稿先など

掲載日:

月曜日

選者:

永田和宏、馬場あき子、佐佐木幸綱、高野公彦 4名

要綱:

はがき1枚に1作品、住所、氏名、電話番号を明記。

未発表の自作のみ。二重投稿は不可。作者が添削する場合あり。

応募先住所:

〒104-8661 東京・晴海支店私書箱300号「朝日歌壇」

朝日歌壇の特徴は

結社誌との比較ということでいえば、緩い感じの歌が多いです。

ただし、若者向けということでいえば、たとえば、ケイタイ短歌やネット短歌から入った現代短歌を目指している方だったら、穂村弘さんのいる、日経歌壇や、加藤治郎さんのいる毎日歌壇の方がお勧めかなとも思います。

日経歌壇

掲載日:
日曜日
選者:
三枝昂之、穂村弘
要綱:
はがき1枚に3首まで、未発表の自作。
住所、電話番号、氏名(本名でも筆名でも。筆名の場合はカッコ内に本名を書き添えてください)、希望選者名を明記。
同じ作品を2人の選者に送ることはできません。
応募先住所:
〒100-8658日本郵便銀座支店私書箱113号、日本経済新聞文化部「歌壇」係
メールでの投稿可。アドレスはshiika@nex.nikkei.co.jp

 

穂村弘さんは他にもダ・ヴィンチ(月刊)の選者もされていますね。

ダ・ヴィンチ

選者:
穂村弘
要綱:
毎月末締切。未発表のもの。自由詠orテーマ詠(テーマは毎月変わります)
インターネットから投稿フォームあり

短歌ください 穂村弘 応募コーナー

毎日歌壇

掲載日:
月曜日
選者:
米川千嘉子、加藤治郎、篠弘、伊藤一彦 希望選者指定可
要綱:
裏に歌・希望選者・住所・氏名・年齢・職業・電話番号、メールでの投稿も可能。短歌はニ首まで投稿可能。未発表歌のみ。
応募先住所:
〒100-8051 毎日新聞学芸部「毎日歌壇」係
インターネットから投稿フォームあり

毎日歌壇投稿フォーム

それでは皆様も、短歌ライフを楽しんでくださいね!







tankakanren

-ニュース

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.