「 投稿者アーカイブ:maru 」 一覧

長塚節の短歌代表作 歌集『鍼の如く』

長塚節はアララギ派の歌人で、小説「土」の作者です。 2月8日は長塚節の忌日「節忌」。長塚節の短歌代表作をご紹介します。

万葉集の類歌と本歌取りについて 模倣にとどまらない集団と個別性

2022/01/04   -万葉集

万葉集には、本歌取り以前に、一部の文言がそっくりの歌が多く見られます。 これらは「類歌」と呼ばれますが、なぜ、このような作り方があるのかを解説します。

百人一首の恋の和歌 女性歌人の代表作をご紹介

2021/12/13   -百人一首
 

百人一首より、恋の歌、恋愛の歌のみを抽出、わかりやすく現代語訳をつけました。 百人一首の恋の歌のみ、コンパクトに鑑賞できます。こちらのページは女流歌人の歌です。

あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな 和泉式部

あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな 百人一首に採られた和泉式部の有名な和歌、現代語訳と句切れや修辞法の解説と鑑賞を記します。

原爆の短歌 河野キヨ美 正田篠江 竹山弘「消えない記憶」

2021/08/06   -テーマ別短歌

原爆の短歌と聞いて、皆さんはどの歌を思い出しますか。 朝日新聞に、河野キヨ美さんの短歌を含む記事が掲載されました。 原爆を詠んで有名な歌人、正田篠江さん、竹山弘さんの歌集「とこしへの川」の作品と合わせ ...

夢の短歌 恋愛と幻想 小野小町 藤原敏行 寺山修司他

2021/06/10   -テーマ別短歌

「夢の日」にちなみ、きょうの日めくり短歌は夢の短歌、夢を詠み込んだ短歌を、古い時代の和歌から現代短歌まで広くご紹介していきます。

わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしてもあはむとぞ思ふ 元良親王

2021/05/27   -百人一首
 

わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしてもあはむとぞ思ふ 元良親王の百人一首に選ばれた有名な歌の解説、鑑賞をします。

馬追虫の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想ひみるべし 長塚節

2021/04/30   -教科書の短歌
 

馬追虫(うまおひ)の髭のそよろに来る秋はまなこを閉じて想ひみるべし 長塚節の序詞を使った短歌の解説です。 句切れや表現技法、文法の解説と、鑑賞のポイントを記します。

卒業の短歌 現代短歌より俵万智,千葉聡,穂村弘他【日めくり短歌】

卒業シーズンが今年もやってきました。3月は別れの季節でもありますね。 きょうの日めくり短歌は、卒業に関する短歌を現代短歌から集めてみました。

切支丹の短歌 斎藤茂吉が詠んだ長崎のキリスト教徒の生活

2021/02/05   -つゆじも
 

斎藤茂吉が長崎のキリスト教徒を詠んだ短歌、斎藤茂吉の第三歌集『つゆじも』の作品は、長崎に赴任中に詠んだ短歌がまとめられていますが、その中に長崎のキリスト教徒の様子を伝える一連があります。 きょうの日め ...

序詞とは 枕詞との違いと見分け方 和歌の用例一覧

序詞(じょことば)とは和歌に見られる修辞法の一つで、特定の語の前に置いて、比喩や掛詞、同音語などの関係にかかる言葉のことを指します。 難しいと言われる序詞の見分け方、見つけ方のコツと序詞と枕詞との違い ...

斎藤茂吉の握り飯の歌 おむすびの日【日めくり短歌】

2021/01/17   -斎藤茂吉
 

おむすびの日、阪神大震災の日におむすびを配ったことから制定されました。 他にも6月18日は、「おにぎりの日」とされています。 きょうの日めくり短歌は、斎藤茂吉他の握り飯の歌をご紹介します。

枕詞とは 意味と主要20一覧と和歌の用例

枕詞は短歌や和歌に使われる言葉で、それ自体に意味はなく、次の言葉を引き出す、主に5文字の言葉をいいます。 枕詞とは何か、主要な枕詞を一覧に示し、和歌の用例をあげながら解説します。

タロとジロの日 置き去りの理由と南極の短歌【日めくり短歌】

「タロ」と「ジロ」というのは、南極越冬隊によって南極に残された樺太犬の名前です。 一年後に、越冬隊によって置き去りにされた15頭のカラフト犬のうちタロとジロの2頭が生きているのが発見されました。それが ...

煙草の短歌 愛煙家の歌人たち【日めくり短歌】

たばこのピースが発売されたのが、昭和21年。今日はピース記念日、たばこの日です。 現在より昔の方が煙草は多くの人に好まれており、煙草の短歌も思いのほか多く詠まれています。 きょうの日めくり短歌は、たば ...

穂村弘の短歌代表作と作品の特徴 ニューウェーブ短歌の旗手

2021/01/12   -現代短歌
 

穂村弘さん、現代短歌を結社を越えてけん引する一人といっていい歌人ですが、その短歌にはどのようなものがあるでしょうか。 穂村弘さんの短歌代表作とその作風の特徴をご紹介します。

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.