現代短歌

「ポンコツになつてしまった母だけど」高山邦男歌集『インソムニア』タクシードライバー歌人

高山邦男さんは「タクシードライバー歌人」として知られている歌人、歌集「インソムニア」で、日本歌人クラブ新人賞を受賞されています。

これまでテレビ番組でもたびたび取り上げられている高山邦男さんの短歌をご紹介します。

スポンサーリンク




高山邦男さんの紹介

高山邦男さんは 1959年、東京都生れ。早稲田大学第一文学部卒。「心の花」編集委員。

歌集『インソムニア』は第一歌集。

本歌集は第25回ながらみ書房出版賞とダブル受賞されています。

高山邦男さんの歌歴

高山さんは中学生のころから詠み始め、大学では歌会に参加。

「心の花」編集委員ということなので、テレビ番組の予告だけを見ると、今はやりの何々歌人かと思われそうですが、本格的に長年作歌をされている方です。

第一歌集刊行後、今回の受賞に至りました。おめでとうございます。

「歌集インソムニア」紹介文

「東京のタクシー運転手としての仕事の歌を中心に、斬新な着想、自在な用語で、東京という都市の現在をうたい、そこに生きる私たちの心の起伏をていねいにうたう。

叙情詩としての短歌の可能性を果敢に追い求める作者の渾身の第一歌集。」

---佐佐木幸綱・「インソムニア」の帯文より

 

高山邦男さんの短歌

縁ありて品川駅まで客とゆく第一京浜の夜景となりて

温かい気持ち未来より感じたり今際のわれが過去思ひしか

わが仕事この酔ひし人を安全に送り届けて忘れられること

赤信号ふと見れば泣いてゐる隣同じ放送聞いてゐたのか

ポンコツになつてしまつた母だけど笑顔がぼくのこころを救ふ




-現代短歌