詩歌

水戸保和苑 6千株のあじさいの咲く寺に金子兜太句碑と山村暮鳥墓

投稿日:

 

水戸の保和苑というところに行って、まだ最盛期ではないもののあじさいを見ながら、文学散歩をしてきました。
というのは、このお寺には金子兜太句碑と山村暮鳥の墓があるのです。

 

スポンサーリンク

 

金子兜太句碑

金子兜太さんの句碑は、静かなたたずまいの道沿いにあります。

 

 

 

白梅や老子無心の旅に住む〉

なぜ、水戸にあるのかというと、金子さんは水戸高校に学んだため、そこで初めて詠んだ句、いわゆる処女句が、上のものなのだそうです。
水戸の風物である「梅」が詠まれています。

金子さんは小中学生の頃から開業医の父が埼玉・秩父の自宅で頻繁に開いた句会を見学していたそうです。
その後1937年に水高入学、3年間の寮生活の中で俳句を始めた時、初めて詠んだ記念すべき句となります。

 

 

水高時代の友人らが金子さんの功績を伝えようと、近くの保和苑に句碑を建立したのが、こちらになるのですが、とても雰囲気の良い場所だと思います。2018年2月というので、新しくできたばかりで、金子さんも完成時においでになったようです。

 

句碑建立の茨城新聞記事

金子兜太さん「水戸が原点」 県内俳人、惜しむ声

 

山村暮鳥の墓

 

もう一つは山村暮鳥の墓が同じ寺の墓所にあるのでお参りをしてきました。

 

 

こちらもなぜ水戸にお墓があるのだろうと思ったら、山村暮鳥は水戸市内に転任後、そのまま療養をされていたということです。

 

 

山村暮鳥「雲」

 雲

おうい雲よ
ゆうゆうと
馬鹿にのんきさうぢやないか
どこまでゆくんだ
ずつと磐城平の方までゆくんか

「磐城平」というのは、福島県のいわきのことです。

「山村暮鳥」の筆名は「静かな山村の夕暮れの空に飛んでいく鳥」というところからつけられたものだそうです。

 

「病床の詩」

詩をもう一つあげます。

  病床の詩

ああ、もつたいなし
もつたいなし
森閑として
こぼれる松の葉
くもの巣にひつかかつた
その一つ二つよ

 

岡井隆の「暁の月の寒きに黒き松の諸葉は白きひかりを含む」を思い出します。

 

アーサー・ビナードの洞察

この詩について、アーサー・ビナードさんが次のように書いています。

 

アーサー・ビナード(詩人)は、この「もったいない」を、「無駄が惜しい」という意味とは違う意味の「身に余ってかたじけなく、自分にはよすぎるもの」だと言われるのです。

 いや、一見そう見えても読み直せば、そんな限定を拒んでいることが分かる。蜘蛛の巣の糸に吊るされて震えながら光る松葉----その美しさが、結核で床についていた詩人の目には、よすぎるものに映った。のみならず、つかの間のその存在に心を預けることがどれほど役に立つか、詩人はその有用性も感じ取っている。独り占めにするのが惜しく、他者と分かち合おうと、詩が生まれたのだ。

ビナードさんの素晴らしい洞察です。

---そこに在るものが、自分には良過ぎるものである輝きを持っている。それを分かち合そうとするときに、作品が生まれる---

喜びがあふれるときに、身体という輪郭を越えて、それは人に伝わりゆくものとなるのです。

 

保和苑の「あじさい祭り」ご案内

 

保和苑のある水戸市では「あじさい祭り」が開催されています。このあと、6月中旬からが見頃となるので、その頃に来られるのがいいと思います。

 

あじさい祭り期間

平成30年6月10日(日)~7月1日(日)

見頃は 6月中旬~7月中旬頃

入場無料 いつでも開園 年中無休

 

交通アクセス

所在地:水戸市松本町13-19

電車とバス: 水戸駅北口7番バス乗り場から、栄町経由「茨大・渡里方面行き」バスに乗車し15分。「保和苑入口」下車

車:常磐自動車道・水戸ICから約20分

有料駐車場:根岸寺境内に有料駐車場400円

無料駐車場:
・茨城県水戸障害学習センター跡地(土日のみ)
・常陽銀行末広町支店(土日のみ)
・茨城県信用組合上水戸支店(土日のみ)
・鮨・割烹一心(平日のみ)

 

イベントとスケジュール

◆6月10日(日)
10:00~13:00 オープニングセレモニー(保和苑内)
・川嶋志乃舞さんのライブ
・茨城大学サークルのステージショー
・お楽しみ抽選会等のイベント

◆6月16日(土)
・10:00~15:00 高校生野点茶会(保和苑内)
常磐大学高等学校による野点茶会
・10:00~15:00 猿まわしによる大道芸(猿芸工房)
・10;00~17:00 観光漫遊バス~あじさいの名所編~運行

◆6月17日(日)
・10:00~15:00 野点茶会石州流(保和苑内)
・10:00~15:00 第37回俳句大会(新荘市民センター)

◆6月23日(土)
・8;30~16:00 格の市inあじさいまつり

◆6月24日(日)
・10:00~15:00 写真撮影撮影大会(保和苑内)
・10:00~15:00 水戸黄門漫遊一座写真撮影サービス(保和苑内)

 

お時間のある方は、「水戸のロマンチックゾーン」のお散歩、または路線バスの旅もおすすめです。

また、初めて来られる方は千波湖や偕楽園、好文亭も近くにあるため、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。

いずれの公園も無料で年中無休、開園閉園の時間なく自由にご利用になれます。

 

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

-詩歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.