「 佐藤佐太郎 」 一覧

薄明のわが意識にてきこえくる青杉を焚く音とおもひき 表現技法 佐藤佐太郎

薄明のわが意識にてきこえくる青杉を焚く音とおもひき 佐藤佐太郎の教科書や教材にも取り上げられている代表的な短歌作品の現代語訳と句切れと語句を解説します。

佐藤佐太郎の短歌代表作5首 「純粋短歌」の叙情

2021/05/20   -短歌・和歌
 

佐藤佐太郎は、斎藤茂吉を師に短歌を学んだアララギ系の歌人、純粋短歌を提唱、身辺詠にて独自の叙情を貫きました。 佐藤佐太郎の短歌の代表作をご紹介します。

手に包む真玉のごときものありて生くる一年さやかにあらな 佐藤佐太郎の新年詠【日めくり短歌】

2021/01/01   -短歌・和歌
 

手に包む真玉のごときものありて生くる一年さやかにあらな お正月の今日の日めくり短歌は佐藤佐太郎の新年詠2首をご紹介します。

秋分の日の電車にて床にさす光とともに運ばれて行く【日めくり短歌】

秋分の日の電車にて床にさす光とともに運ばれて行く 今日は秋分の日。秋分の日の歌として真っ先に思い出すのは、佐藤佐太郎の作品です。 今日の日めくり短歌は佐藤佐太郎の秋分の日の短歌をご紹介します。

佐藤佐太郎の日傘の歌【日めくり短歌】

季節が梅雨に入り、傘にまつわる話題として、前回は斎藤茂吉の短歌「いばらきの浜街道に眠りゐる洋傘(かうもり)売りを寂しくおもふ」をご紹介しました。 今日はその短歌と関連があると思われる、佐藤佐太郎の日傘 ...

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.