未分類 短歌 詩歌

萩原朔太郎と石川啄木「一握の砂」をめぐって ジャンルをまたぐ同一モチーフ

更新日:

石川啄木の「一握の砂」その中の短歌に触発されて、萩原朔太郎が詩「旅上」を作ったという。
詩と短歌、ジャンルをまたがる両者を見てみよう。

スポンサーリンク




啄木の「あたらしき…」と朔太郎「旅上」との比較

啄木の短歌の方。

あたらしき背広など着て
旅をせむ
しかく今年も思ひ過ぎたる

今度は、朔太郎の「旅上」の方。

    旅上

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。
――――「抒情小曲集」より

朔太郎には詩人としての前に、「ソライロノハナ」という自筆歌集があり、短歌には大いに関心があったようだ。当然啄木の歌集との接点もあったのだろう。
なぜ、そのまま短歌をしなかったのかは知らないが、リズム感の欠如を挙げる人もいる。

たとえば中原中也などは、詩であっても「汚れつちまつた悲しみに/今日も小雪の降りかかる/汚れつちまつた悲しみに/今日も風さへ吹きすぎる」のように、七五調が基調をなすものが多く、リズムへの要求が高かったといえる。

しかし、その場合には当然言葉の選択は制限されることになる。リズム感の欠如というより、朔太郎は律を保つことよりも、言葉の自由性の方を重視したのだろう。

一方、こうやって、並べてみると、朔太郎のはもちろん詩なのであるが、啄木の方はむしろ短歌というよりも、詩的な感じがしてこないだろうか。

おそらくそれゆえにイメージを置き換えやすかったのだろう。

朔太郎の歌集題名「月に吠える」と類似の啄木の短歌

もうひとつ、啄木の短歌に、朔太郎の歌集タイトルを容易に呼び起こさせるものがある。

わが泣くを少女(をとめ)等聞かば
病犬(やまいぬ)の
月に吠ゆるに似たりといふらむ

啄木の上の歌からは、容易に朔太郎の詩集タイトル「月に吠える」が思い浮かぶ。

「月に吠える」から、「月に吠える」のイメージに近い犬の詩を引く。

     見しらぬ犬

この見もしらぬ犬が私のあとをついてくる、
みすぼらしい、後足でびつこをひいてゐる不具(かたわ)の犬のかげだ。
ああ、わたしはどこへ行くのか知らない、
わたしのゆく道路の方角では、
長屋の家根がべらべらと風にふかれてゐる、
道ばたの陰気な空地では、
ひからびた草の葉つぱがしなしなとほそくうごいて居る。
ああ、わたしはどこへ行くのか知らない、
おほきな、いきもののやうな月が、ぼんやりと行手に浮んでゐる、
さうして背後(うしろ)のさびしい往来では、
犬のほそながい尻尾の先が地べたの上をひきずつて居る。
ああ、どこまでも、どこまでも、
この見もしらぬ犬が私のあとをついてくる、
きたならしい地べたを這ひまはつて、
わたしの背後(うしろ)で後足をひきずつてゐる病気の犬だ、
とほく、ながく、かなしげにおびえながら、
さびしい空の月に向つて遠白く吠えるふしあはせの犬のかげだ。

最終行「遠白く」というのは、これは万葉集にも見られる古語でもある。

むしろ詩的な啄木の歌

上に、中原中也が詩でありながら、五七調を好んだことを書いたが、あるいは、啄木の歌は、短歌ではあっても、詩の方に近いとはいえないだろうか。

一握の砂冒頭二首。


東海の小島の磯の砂浜に
われ泣きぬれて
蟹とたわむる
頬(ほ)につたふ
なみだのごわず
一握の砂を示しし人を忘れず

たぶん、定型ではあっても、伝統的な用法や語彙、発想に縛られない「新しい」短歌だったろうと思う。啄木を歌人という人がいるけれども、それにも若干違和感がある。

元々短歌をしていた人ではなく急ごしらえのものでもあり、師というものもなく独学であった。

斎藤茂吉にもある啄木の痕跡

なお斎藤茂吉の「どんよりと空は曇りて居りしとき二たび空を見ざりけるかも」は、啄木の「どんよりとくもれる空を見てゐしに人を殺したくなりにけるかな」とも共通性が認められる。

いつの時代もそうだが、ジャンルを越えて、作品上の疎通があったことは疑いない。

なおそれぞれの詩集と歌集を年代順に言えば、「一握の砂」の発行が1910年、明治43年で、もっとも早く、茂吉の「赤光」が1913年、大正2年、朔太郎の「月に吠える」は1917年であった。







おすすめ記事



-未分類, 短歌, 詩歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.