未分類 短歌

あづさの霜葉~伊藤左千夫

更新日:


飯綱(いいづな)のすそ野を高み秋はれに空とほく見ゆ飛騨の雪山
ひさ方の天(あめ)の時雨に道いそぐおく山道をうらさびにけり
霜がれの天の高はら飯綱野(いいづなの)の山口のとに鳥居立ちたり
くさまくら戸隠山の冬枯れの山おくにして雨にこもれり
うす日さす梓(あづさ)の紅葉(もみぢ)しかすがに今かくるらむただよふ天雲(あまぐも)
おく山にいまだ残れる一むらのあづさの紅葉雲に匂へり
くぬぎ原くま笹の原見とほしの冬がれ道を山ふかく行く

スポンサーリンク




ひさかたの・・・「天」にかかる枕詞。
くさまくら・・・旅寝すること。旅先でのわびしい宿り
あずさ・・・は落葉樹のこと
うらさぶ・・・「心荒ぶ」。古くは心を「うら」といった。
しかすがに・・・そうはいうものの。そうではあるが。

「左千夫調ともいうべき、一首一首が力強く、大柄な、そしてひじょうに調子の整ったもの」(辻村直)との評があるが、総じてこれが伊藤左千夫の歌の特徴だろう.

■関連記事
伊藤左千夫 九十九里詠
伊藤左千夫 九十九里詠その2
「悲しき玩具」の感想~伊藤左千夫







-未分類, 短歌

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.