ニュース 正岡子規

正岡子規の未発表句「新年や昔より窮す猶窮す」見つかる「子規庵」で9月展示へ

更新日:

こんにちは。まるです。
近代短歌の祖ともいうべき、正岡子規の俳句が、新しく見つかったそうです。
どんな俳句でしょうか。

スポンサーリンク


子規庵保存会が22日発表

これは東京都台東区の子規庵(あん)保存会が22日、発表したもので、だじゃれを含む、ユーモラスなものです。

見つかったのは和綴じの冊子で、「丁酉遺珠(ていゆういしゅ)」「福引」という題名です。

その中に、子規が詠んだ2句のうち、未発表だった1句が「福引」の方に掲載されていました。

 

未発表句

 

新年や昔より窮す猶(なお)窮す

1897(明治30)年の正月、子規は東京・根岸の自宅に年始のあいさつに訪れた高浜虚子や河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)ら弟子を連れ、人力車で上野の貸席に出向いて新年会を催したといいます。

その際、福引を引き、景品に合わせてその場で句を詠むという遊びに興じたが、そのときに子規が詠んだ2句のうちの1句だそうです。

 

同じページに「福引にキウス(急須)を得て発句に窮す」という詞書(ことばがき)が、子規自身の筆で添えられており、「急須=窮す」の同音の言葉を使って、駄洒落を交えて詠まれたもののようです。

子規はこの前年、病状が悪化し、脊椎(せきつい)カリエスの手術を受けましたが、病も小康状態の時期で、久しぶりの外出を楽しんだのでしょう。

調査にあたった復本一郎・神奈川大学名誉教授(国文学)は、

「病床の貧しい生活を即興で詠んだ、滑稽で遊びのある作風。写生の人である子規の、別の側面が見られて興味深い」

と話しています。

虚子や碧梧桐の句も

 新発見の2冊には、虚子や碧梧桐を含む11人の弟子たちの句もそれぞれ真筆で残されており、多くが新出と見られる。

 ふんどしと蜜柑(みかん)と袂(たもと)ふくれたる 虚子

 貧(ひん)かつ愚(ぐ)福引引いてさりつ古暦 碧梧桐

「子規庵」で9月1~30日に展示

 これらは同じく新たに見つかった、子規が友人のジャーナリスト古島一雄に宛てた書簡とともに、東京都台東区根岸2丁目の「子規庵」で9月1~30日に展示されます。

子規庵HP

-ニュース, 正岡子規

Copyright© 短歌のこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.