古今・新古今集 百人一首

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ 紀友則 修辞と解説

更新日:

久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ  作者は古今和歌集撰者の一人、紀友則、滅びゆくものへの愛惜と、命のはかなさを歌って、百人一首の中でも秀歌としてほまれ高い和歌です。

作品の現代語訳と句切れ、語句を解説、鑑賞します。

スポンサーリンク




久方の光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ

読み:ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづこころなく はなのちるらん

現代語訳と意味

日の光がのどかな春の日に、どうして落ち着いた心もなく桜の花は散っていくのだろうか

作者と出典

紀友則 古今和歌集

句切れと文法

・句切れなし

・「ひさかたの」は春にかかる枕詞。和歌の修辞技法のひとつ

・ひさかた―ひかり―ひに の「ひ」の音の重なりに注意

・しづこころ・・・静かな心。落ち着いた気持ちの意味。名詞

・花・・・桜の花を指す

・らむ・・・未来の助動詞

 

「久方の光のどけき」紀友則作の解説

作者は紀貫之 古今集2-84と百人一首の33番目の歌となっている有名な和歌です。

特に百人一首においては、秀歌としてほまれ高いものとなっています。

愛惜と無常観がテーマ

春ののどかな気分と、あわただしく散っていく桜、静と動とを対比させるという優れた手法で、花が散るのを愛惜するこころが存分に表現されています。

「ひ」の連続

「ひさかた―ひかり―ひに」と「ひ」の音を重ねた、平明な調べで、桜の花に語り掛けるように歌い始めて、そのあとの「しづ心なく花の散るらむ」部分が散る花への愛惜です。

花の美しkさ、春ののどかさだけではなく、消えゆくものへの追慕という心情がこの歌の主題です。

「命のはかなさ」の無常感

愛惜と追慕の他に、もう一つが、この歌に漂う無常感です。

万葉集でも古今集においても、花に無常を想う主題はそれまではありませんでした。

この歌においても、それが直接的に表現されているわけではありませんで、以前は詩の美しさを極めた歌として秀歌にあげられていました。

しかし、中世になると、桜の花がはかなく散るというイメージが、この歌よりも、人々の心の中に浸透していきました。

それと共に、この歌も単なる花の有様を詠んだ歌ではなく、それを見て感じる作者の心に、人々が無常感を重ねて読むようになったのです。

読む人の心の移り変わりによって、歌に見えるものや解釈が違ってくるという、一つの大切な例と思われます。

紀友則の歌人解説

紀 友則(き の とものり)

生年は承和12年(845年)ごろとされる

平安時代前期の官人・歌人。宮内権少輔・紀有友(有朋)の子。官位は六位・大内記。三十六歌仙の一人。

紀友則の他の和歌

色も香もおなじ昔にさくらめど年ふる人ぞあらたまりける(古今57)

雪ふれば木ごとに花ぞ咲きにけるいづれを梅とわきて折らまし(古今337)

東路のさやの中山なかなかに何しか人を思ひそめけむ(古今594)







tankakanren

-古今・新古今集, 百人一首

error: Content is protected !!

Copyright© 短歌のこと , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.